Googleの開発者向けイベント「Google Developer Day 2008 Japan」が2008年6月10日に開催された。数多くのセッションが催されたが,Googleイベントで最も“濃い”という噂の「コードラボ(ハッカソン)」を見学した。

 ハッカソンはGoogle用語で「長時間にわたるコーディング大会」を表す。デベロッパとの交流イベントなどでたびたび開催されるほか,社内でも頻繁に行われているという。「グーグラー(Googleの社員)」によると,箱根でハッカソンなどもあったそう。温泉に浸かりながら泊まりがけでプログラミング…。私には全く癒されない話だが本当の話だ。

 ハッカソンとはどのような雰囲気なのか。その記録を写真でお伝えしたい。


Google Developer Day 2008 Japanの入り口に置かれた巨大ロゴ。左隅の男性と比較すれば,いかに巨大なのかがわかるだろう。


ハッカソンの入口。見学したお題はAndroidである。携帯端末向けのアプリケーションをプログラミングする試みだ。


参加者は総勢16名。このハッカソンの参加者はすべてAndroidアプリケーション開発の経験者だ。開発中のアプリケーションを持ち寄って問題解決をはかったり,参加者同士アイデアを出し合ったりすることでインスピレーションを得ようというわけである。今日のうちに実現したい企画をそれぞれ出し合いつつ,似たような企画をマージして最終的に4つの開発チームに分かれた。


移動開始。企画の提案から移動までかなり静かに進行する。エンジニアは極めて紳士的だ。


「地球上に巨大な絵を描く」というコンセプト「Big Picture」でチームリーダーを買って出た参加者の木南英夫さん。携帯を持って移動する人が歩いた道筋をGoogle Maps上に描画するという企画だ。メンバー間で「利用者の感情パラメータを付ける」「移動速度を線の太さで表しては」といったアイデアを出し合った。チーム分けとブレストに1時間ほどかかるため,コード生成に当てられる時間はたったの4時間程度。時間内に出来上がるのだろうか。


「腹が減ってはコードは書けぬ」とばかりに食料を確保する参加者たち。基調講演から休憩無しで始まったため,昼食抜きの参加者も多い。気を利かせたGoogleスタッフが食べ物を用意。


MacBookでeclipseに向かってプログラミングをする参加者。わりと頻繁に会話をしながら作業を進めている。おしゃべりをしながらプログラミングができるなんて意外だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら