島根県松江市のRubyによる基幹システム
島根県松江市のRubyによる基幹システム
[画像のクリックで拡大表示]

 「COBOL技術者がRubyで島根県松江市役所の基幹業務を開発した」---独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)オープンソフトウェアセンターは2008年5月20日,「自治体等におけるオープンソースソフトウェア活用に向けての導入実証」の成果報告会を開催した。

 同事業は,電子政府へのオープンソース採用の実証と課題解決を目的とする事業。IPAが経済産業省の委託を受け2005年度から行っている。開発したソフトウエアはいずれもオープンソース・ソフトウエアとして公開する予定だ。

Java上のRuby「JRuby」を帳票で使用

 島根県松江市では,「高額医療・高額介護合算制度」に基づく支給額を算出するシステムを構築した。「Rubyによる初めてのバッチ処理を含む基幹業務システム」(構築を担当したテクノプロジェクト 部長 室脇俊二氏)。Java VM上でRubyを実行するJRubyも採用した。オープンソースのJava帳票ツールJasper Reportとの連携にJRubyを使用している。

 このプロジェクトのもうひとつの特徴は,まったくRubyの経験がないCOBOL技術者が担当したことだ。COBOLしか知らない技術者は最初戸惑ったが,その経験を「つまづき集」としてまとめた。またRubyで基幹業務をスムーズに開発するためのコーディング規約も作成。これらのノウハウはドキュメントとして公開する。

 課題としては「初めて基幹システムに取り組んだため,Rubyのメリットである生産性を生かし切れなかった」(室脇氏)ことがある。今後は基幹システムにおいても生産性向上に取り組む。「今回の実証事業で基盤環境が整った。今後資産を蓄積していけば生産性は向上すると見ている」(室脇氏)。

 松江市 健康福祉部介護保険課長 兒玉渉治氏は,「今年度策定した『松江市総合計画』においても『Rubyを核として,ソフトウエア等に関する研究・開発・交流活動を支援し,地域産業の振興を図る』と定めている。松江市が名実ともに『Rubyのメッカ』となることを目指す」と語った。

 今回開発したシステムは今年度,「高額医療・高額介護合算制度」施行にともない,実際の業務に本格導入する。そこでコスト効果の本格的なを検証を行う予定だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら