米Yahoo!と米McAfeeは米国時間2008年5月6日,安全なオンライン検索を目的とした複数年にわたる世界規模の提携を発表した。提携の一環として,Yahoo!の検索サービス「Yahoo! Search」において米McAfeeの安全性評価技術「SiteAdvisor」を利用した新たなセキュリティ機能「SearchScan」を実装する。

 SearchScanにより,訪問するだけでユーザーのパソコンに損害を与える悪質なサイトを,Yahoo! Searchの検索結果から除外する。また,スパイウエアやアドウエアといった悪意のあるプログラムをダウンロードしてしまう危険性があるWebサイトや,大量メッセージを送りつけるなど電子メール配信の慣習に問題のあるWebサイトを特定し,赤い印を付けてユーザーに注意を促す。

 Yahoo! Search担当ジェネラル・マネージャ兼上級バイス・プレジデントのVish Makhijani氏は,「危険なサイトにアクセスする前に警告し,オンライン検索の利用者を保護する。より安全な検索体験を提供することで,Yahoo! Searchがオンライン活用のスタート・ポイントとして,より多くのユーザーに選ばれるようにしたい」と説明している。

 SearchScanは米国,カナダ,英国,フランス,イタリア,ドイツ,オーストラリア,ニュージーランド,スペインですでにベータ導入している。米メディア(InfoWorld)によると,その後アジアや中南米にも対象を拡大し,最終的にYahoo!が事業を展開している全地域で提供する予定。

[発表資料へ]