ウィルコムは2008年4月14日、シャープ製のUltra-Mobile PC(UMPC)「D4(WS016SH)」を6月中旬に発売すると発表した(図1)。5型液晶ディスプレイで重さは470g。小型のきょう体ながら、Windows Vistaをプリインストールし、一般のパソコンと同じWindowsアプリケーションを動作可能としている。価格は、ウィルコムの端末価格割引サービス「W-VALUE」適用時の実質負担額で9万200円、W-VALUE非適用の通常価格で12万8600円(いずれも新規契約の場合)。

図1 シャープが製造しウィルコムが販売するUMPC「D4(WS016SH)」

 CPUに、米インテルが2008年3月に発表したばかりのUMPC向けCPUである「Atom」を採用。これにより、消費電力をこれまでのUMPCより抑えつつ、パソコン用アプリを動かすための性能を確保した。ウィルコムによると、AtomとVistaの両方を採用したUMPCは世界初という(図2)。

図2 Windows Vistaと新CPU「Atom」のロゴが張られている

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら