「Atom」の位置付け。一般的なデスクトップPCやノートPCはCore 2ブランドでカバーする。携帯情報端末や安価なPCにAtomを使う。
「Atom」の位置付け。一般的なデスクトップPCやノートPCはCore 2ブランドでカバーする。携帯情報端末や安価なPCにAtomを使う。
[画像のクリックで拡大表示]
Atomの特徴。わずか25平方ミリメートルに、Core 2とほぼ同じ機能を詰め込んだ。
Atomの特徴。わずか25平方ミリメートルに、Core 2とほぼ同じ機能を詰め込んだ。
[画像のクリックで拡大表示]
Atomのマイクロアーキテクチャーの特徴。Core 2の「Coreマイクロアーキテクチャー」とは全く異なる、新設計のシンプルな構造だ。
Atomのマイクロアーキテクチャーの特徴。Core 2の「Coreマイクロアーキテクチャー」とは全く異なる、新設計のシンプルな構造だ。
[画像のクリックで拡大表示]
Atomと組み合わせて使うチップセット「システム・コントローラー・ハブ」。メモリーコントローラーとグラフィックス機能、各種I/Oコントローラーを1チップにした。
Atomと組み合わせて使うチップセット「システム・コントローラー・ハブ」。メモリーコントローラーとグラフィックス機能、各種I/Oコントローラーを1チップにした。
[画像のクリックで拡大表示]
システム・コントローラー・ハブを使った接続例。平均消費電力は600ミリ~800ミリWだという。
システム・コントローラー・ハブを使った接続例。平均消費電力は600ミリ~800ミリWだという。
[画像のクリックで拡大表示]
Atomのパイプライン構造。16ステージで、より高い周波数での動作も見込めるとしている。
Atomのパイプライン構造。16ステージで、より高い周波数での動作も見込めるとしている。
[画像のクリックで拡大表示]
2009年に投入予定の「Moorestown」プラットフォーム。演算部分とメモリー制御、グラフィックス機能を1チップにした「LINCROFT」というCPUが中核になる。
2009年に投入予定の「Moorestown」プラットフォーム。演算部分とメモリー制御、グラフィックス機能を1チップにした「LINCROFT」というCPUが中核になる。
[画像のクリックで拡大表示]
Moorestownではさらに消費電力を抑えて、スマートフォン市場も狙う。
Moorestownではさらに消費電力を抑えて、スマートフォン市場も狙う。
[画像のクリックで拡大表示]

 インテルは4月2日、携帯機器向けのCPU、Atom Z500シリーズを正式に発表した。「Silverthorne(シルバーソーン)」の開発コード名で呼ばれていたCPUで、3月3日にブランド名と製品の概要を明らかにしていた。Atomを利用したプラットフォームのブランド名は「Centrino Atom」。Atomとチップセットの「システム・コントローラー・ハブ」、ワイヤレス機能を実装してバッテリー駆動可能な携帯型機器であることがブランド名使用の条件となる。インテルはこのプラットフォームやAtom Z500シリーズを、手のひらサイズの情報端末である「MID(Mobile Internet Device)」や超小型のノートPC「UMPC(Ultra Mobile PC)」、低価格PC用として売り込んでいく。

 Atom Z500の最大の特徴は、仮想化機能(Virtualization Technology)や拡張命令のSSSE3などパソコン向けで主力のCore 2シリーズと同じ命令セット/機能を持ちながら、TDP(Thermal Design Power、熱設計電力、実使用時の最大消費電力相当)を大幅に削減した点。デスクトップパソコン向けのCore 2 DuoのTDPが65W、ノートパソコン向けでも35Wなのに対し、Atom Z500シリーズは0.6~2.4Wとなる。さらに使用時の平均消費電力は「数百mW」(インテル)だという。

 2007年春に小型機器向けとしてインテルが発表した「Ultra Mobile Platform 2007」は、既存のノートPC向けのCPUやチップセットを小型化、低消費電力化したものだったが、Atom Z500はマイクロアーキテクチャー(CPU内部の命令の流れ)を設計し直した全く新しい製品だ。この見直しにより消費電力を削減した。パソコン向けCPUで一般的な、「アウト・オブ・オーダー」(命令の取り込み順にかかわらず、実行できる命令から発行する仕組み)ではなく、少ないトランジスターで実装できるシンプルな「インオーダー」方式を採用した。

 Atomでは2個の命令を同時にデコード(解釈)して実行ユニットに発行可能。128ビットのSIMD(Single Instruction Multiple Data)整数演算や、64ビットのSIMD、浮動小数点のかけ算を行える実行ユニットも備えている。1次キャッシュは命令用が32KB、データ用が24KB。2次キャッシュは512KB。パソコン向けCPUと同様にプリフェッチ(命令やデータの先読み)機能も搭載する。2個のスレッド(プログラムの実行単位の一種)を同時に実行する「Hyper-Threading」を備えており、OSからは2個のCPUがあるように見える。FSB(Front Side Bus)は400MHzまたは533MHz。パイプラインは16ステージで、より高い動作周波数の製品も実現できるという。


この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら