米Microsoftが3月5日(米国時間)にベータ版を公開した「Silverlight 2」は,RIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)を実現するためのWebブラウザや携帯機器向けのアプリケーション実行環境である。3月5日~7日に米国Las Vegasで開催された「MIX08」でSilverlight 2の詳細が公開され,米AOLなどがSilverlightベースのWebアプリケーションを披露している。

 2008年内に正式版がリリースされる予定であるSilverlight 2について,まずはその概要を説明しよう。日本でSilverlightは,USENがパソコン向け動画配信サービス「GyaO」での採用を発表したほか,朝日新聞のようなメディアがWebでの高精細動画配信をSilverlightで始めたため,「Webブラウザ向けの新しいメディア・プレイヤ」としての側面が強調されがちである。特に,SilverlightがWindowsやInternet Explorerだけでなく,Mac OS XやFirefox,Safariといった競合プラットフォームにも対応していることなども「汎用プレイヤ」として期待されているようだ。

 確かにSilverlight 2は,VC-9をベースにしたHD動画再生機能やDRM(デジタル著作権保護技術)などを搭載する予定であり(DRM機能はベータ版では利用できない。理由は後述),優れたメディア機能を持つ。しかしその本質は,「Adobe AIR」と競合する「アプリケーション基盤」である。

C#やVB,Ruby,Pyhtonにも対応

 まず,従来のSilverlihgt 1.0がプログラミング言語としてJavascriptしか利用できなかったのに対して,Silverlight 2ではJavascriptに加えて「C#」「Visual Basic」「IronRuby」「IronPyhton」が利用できる。これはSilverlight 2が,.NET Frameworkと同じアプリケーション実行環境である「CLR(Common Language Runtime)」を搭載するためである。

 Silverlight 2は,.NET Frameworkの「Windows Presentation Foundation(WPF)」のサブ・セットでもあるため,開発者はWPFと同じコントロールを使って,容易にGUIアプリケーションを開発できる(写真1)。開発環境は「Visual Studio」と「Expression Studio」であり,同社はSilverlight 2に対応した「Silverlight Tools Beta 1 for Visual Studio 2008」なども公開している。

写真1●Silverlight 2で使えるコントロールの一例
写真1●Silverlight 2で使えるコントロールの一例
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら