図1 編集部に送られてきたメールからアクセスしたウイルス配布サイトの例
図1 編集部に送られてきたメールからアクセスしたウイルス配布サイトの例
[画像のクリックで拡大表示]
図2 編集部に送られてきたメールからアクセスしたウイルス配布サイトの例。図1と比べると、ハートの画像が変化している
図2 編集部に送られてきたメールからアクセスしたウイルス配布サイトの例。図1と比べると、ハートの画像が変化している
[画像のクリックで拡大表示]

 トレンドマイクロは2008年2月4日、同社の公式ブログにおいて、2月14日のバレンタインデーにちなんだウイルスが出回る危険性が高いとして注意を呼びかけた。実際、バレンタインデーを連想させるウイルス配布サイトが確認されている。

 1月中旬から出回っている「バレンタイン関連ウイルス」は、「Storm Worm(ストームワーム)」ウイルスの亜種。ベンダーによって名前が異なり、「Peacomm(ピーコム)」や「Zhelatin(ゼラチン)」、「NUWAR(ヌーウォー)」などとも呼ばれる。

 このウイルスは、「Sent with Love」や「Falling In Love with You」といった件名のメールを送信して、ウイルス配布サイトにユーザーを誘導する。

 メールには、「Magic Power Of Love」「Memories of You」「You're my Dream」といった一文と、URL(IPアドレス)が記載されている。このURLがウイルスサイトのアドレス。アクセスすると、ハートマークが書かれたWebページが表示される(図1)。

 ここで、Webページ中のリンクやハートマークをクリックすると、「with_love.exe」や「withlove.exe」といった実行形式ファイルがダウンロードされそうになる。これがウイルス(ストームワーム)の実体。編集部にもこの種のメールが多数送られてきている(関連記事)。

 同様のメールは、現在も送られ続けている。送っているのは、ストームワームに感染したパソコン。ウイルス配布サイトも、感染パソコン上に構築されているとみられる。最近では、メールの内容はほとんど変わらないものの、ウイルス配布サイトに貼られたハートの画像が変化している(図2)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら