英Reutersは米国時間2008年1月29日,コンテンツにメタタグを付ける新しいサービス「Calais Webサービス」向けのオープンなAPIを公開した。このAPIは,セマンティックなタグ付け機能を提供するもの。Webサイト(OpenCalais.com)から利用できる。

 Calais Webサービスは,パブリッシャ,ブロガー,Webサイトがコンテンツに自動的にメタタグを付けられるようにするサービス。検索における関連性を高め,アクセスしやすくする。検索エンジン,ニュース・ポータル,RSSリーダーなどは,コンテンツをサブミットすることで,瞬時にメタタグを付けられるという。

 サブミットしたコンテンツは,オープンで相互運用がある移植可能なフォーマットで返される。識別子は,ソーシャル・ネットワークやウィジェットのほか,「Powerset」や「Wikia」といったセマンティック・アプリケーションに容易に統合できるという。

 Reutersは同日,Calais APIを使った開発を促進するために,Calais Webサービスのコンテストを発表した。米Automatticのブログ構築ソフトウエア「WordPress Personal Publishing Platform」向けのプラグインを募集し,賞金として5000ドルを用意する。アプリケーションは,Calais WebサービスAPIを使い,ブログ・コンテンツの自動スキャン機能やメタタグ付け機能をサポートするほか,投稿するブロガー向けにセマンティックなタグクラウドを作成し,関連するCalais URIを組み込むなどの条件を満たす必要がある。

発表資料へ