当面はベータサービスとして提供する。サービス開始の初日、既に登録可能な最大数をオーバーしてしまったが、近日中にユーザー登録を再開する見込み
当面はベータサービスとして提供する。サービス開始の初日、既に登録可能な最大数をオーバーしてしまったが、近日中にユーザー登録を再開する見込み
[画像のクリックで拡大表示]
同社は米国人のプットマン兄弟が創業した。左が兄のダニエル会長、右が弟のジェッド社長
同社は米国人のプットマン兄弟が創業した。左が兄のダニエル会長、右が弟のジェッド社長
[画像のクリックで拡大表示]

 米国のベンチャー企業であるスクイッドキャストは2008年1月28日(米国時間)、大容量ファイルをユーザー同士が交換し合える無料サービス「Squidcast」を日米同時に開始すると発表した。ファイルを送りたいユーザーと受け取りたいユーザーがSquidcastのWebサーバーへアクセスし、そこでファイルを交換し合う。最大の特徴は、交換するファイルの大きさや数に制限がないこと。サーバーを用いない新しい概念のファイル転送方法で実現した。1つで数百MBから数GBに及ぶ静止画や動画をいくつでも送れるうえ、保存する期間に制約がない点も特徴だ。ファイルを送る場合はユーザー登録する必要があるが、受け取る側は不要。当面は、ベータサービスの位置付けで提供する。

 企業やプロバイダーの電子メールサーバーでは負荷軽減のために、送受信できる添付ファイルを10M~20MB程度の大きさに制約していることが多い。フリーメールサービスも同様で、極めて大きなファイルを誰かに届けることはインターネット上では難しい。この問題を解決すべくSquidcastと同様の無料サービスは存在していたが、ファイルサイズや数に制限が設けてあるのが通例。例えば、代表的な「宅ファイル便」(エルネット)の場合、最大10個までのファイルを同時に3人までにしか送れない。容量も合計50MBの範囲でなければならない。

 サービス開始にあたり、スクイッドキャストのダニエル・プットマン会長とジェッド・プットマン社長にそのメカニズムを聞いた。ポイントは「コラボレーティブ・リレイ・ネットワークと呼ばれる新しい概念を考案し、従来の制約を解除できたこと。 これはSquidcastの登録ユーザー全員のハードディスクとインターネット回線の帯域を少しずつ間借りさせてもらう仕組み」である。Squidcastではファイル保管庫のようなサーバーは用意せず、Squidcastユーザー全員で、ファイルをピアツーピア(P2P)方式で共有し合う。ファイルを送ろうとするパソコン上では、ファイルは細切れに分割され、さらに暗号化して圧縮される。このファイルの細切れが、その時点でパソコンを起動しているSquidcast登録ユーザーへ一斉に送信される。何人に送られるかはファイルの大きさで変わってくる。一番少ない場合でも16分割する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら