2008年1月20日午前0時、「Penryn(ペンリン)ファミリー」の開発コード名で呼ばれていた、Intel(インテル)の新型デュアルコアCPU 「Core 2 Duo E8000シリーズ」が発売された。

 東京・秋葉原にある主要なPCパーツショップでは、19日午後10時過ぎから深夜販売イベントを続々と開始。トークショーや特価品の販売、新CPU購入者向けの抽選会などを行い、大いに盛り上がった。CPUの販売は、各店舗とも事前に精算を済ませる方式を採用。販売開始の午前0時をカウントダウンで迎えると、新発売のCPUと交換が始まった。

 今回発売されたCPUは3種類。価格は、Core 2 Duo E8200(2.66GHz)が2万4800円前後、同E8400(3.0GHz)が2万6800円前後、同E8500(3.16GHz)が3万6800円前後だった。最も人気が高かったのはE8400で、各店舗とも用意したCPUを完売した。今回の深夜販売はCPUの入荷数が少なめで、希望のCPUを購入できなかった人もいたようだ。パーツショップ各店では、20日にも新CPUが追加で入荷する予定があるという。

古谷徹さん&物まねで「アムロ行きまーす」


【写真1】ドスパラ秋葉原本店は声優の古谷徹さんのトークショーを開催。(機動戦士ガンダムのアムロ・レイの物まねをする)「若井おさむさんはどうですか?」「自宅にモビルスーツを隠してますか?」など、会場のお客さんからの質問にざっくばらんに答えていた。

【写真2】CAFFE SOLAREリナックスカフェ秋葉原店でのトークショー。「機動戦士ガンダム」に登場するアムロ・レイの物まねをする若井おさむさんが登場し、「アムロ行きまーす」などの名ぜりふで、会場を盛り上げた。若井さんは、星飛雄馬の物まねも得意だという。


【写真3】ツクモ eX.の裏手で出番を待つオオカミ(ウルフ)。2007年9月のWindows Home Serverの深夜発売時にバイクに乗って登場し、パトカーとニアミスした経験を基に、今回は自転車での登場だ。

【写真4】オオカミ(ウルフ)のお面を取って出てきたのは、インテルの“神様”こと天野伸彦氏。新発売のCPUの開発コード名であるWolfdale(ウルフ出る)にかけている。この後、自作PC関連のライターである高橋敏也氏とトークショーを行い、新CPUの特徴などを解説した。


【写真5】ツクモ eX.の深夜販売といえばこの人、司会者の若井友紀子さん(左端)。絶妙の仕切りで、ツクモガールズと共に会場を盛り上げた。

【写真6】エンターテインメントグループの「プリマベーラ」によるマジックショー。ドスパラ秋葉原本店の1階を丸々空けた特設会場は満席。古谷徹さんによるステージと合わせて、終始立ち見が出るほどの盛況だった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら