2008年1月15日(米国時間)、米アップルよりユーザー待望の薄型軽量ノート「MacBook Air」が発表された(詳細はこちら)。本体の最薄部分が4mmと、同社のスティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)の言葉を借りれば「世界で最も薄いノートパソコン」となる。

 日本では、米国発表直後の1月16日、アップルの日本法人が報道機関を対象にした新製品説明会を開催、MacBook Airの実機に触れる機会を得た。そこでの印象を中心に、MacBook Airの実像を速報する。なお、日本での価格は、同社販売サイト「Apple Store」で、80GBのハードディスクを搭載したモデルが22万9800円、64GBのフラッシュメモリーを搭載したモデルが38万8400円。出荷は約2週間後を予定しているという。

MacBook Airの実機。1280×800ドット表示の13.3型横長液晶を採用した。背景のパッケージは変更の可能性があるとのこと
本体右側面。ヘッドホン端子、USB 2.0、DVI端子(Micro-DVI)が並ぶ。ネットの接続には内蔵の無線LAN(ドラフト仕様の11n、および11a/b/g)を利用する。なおIEEE1394端子は省かれている

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら