米MicrosoftのBill Gates会長は1月6日(米国時間),自身にとって11回目で,今回が最後となるInternational CES(Consumer Electronics Show)の基調講演を,米Las Vegasで行った(写真1)。氏の引退をネタにしたビデオで笑いを取った以外は,発表済みの製品/技術のアピールにほとんどの時間を費やすという,最後にしては寂しい内容の基調講演となった。

写真1●Xbox 360用音楽ゲーム「ギター・ヒーロー3」のコントローラを手に,ロックバンド「Guns N' Roses」の元メンバーで人気ギタリストのSlash氏と共に写真に納まるBill Gates会長
写真1●Xbox 360用音楽ゲーム「ギター・ヒーロー3」のコントローラを手に,ロックバンド「Guns N' Roses」の元メンバーで人気ギタリストのSlash氏と共に写真に納まるBill Gates会長 [画像のクリックで拡大表示]

 Gates氏がCESで基調講演を始めて行ったのは,1994年のこと。それから昨年まで10回の基調講演を行ってきた。2006年6月に発表した通り,氏は2008年6月までにMicrosoftでの仕事を退き「慈善活動にフルタイムで専念する」(Gates氏)ことから,11回目となる今回の講演が「最後のCES基調講演」となる。

 引退にちなみ,基調講演では「Gates氏の“普段の業務風景”をレポートしたジョーク・ビデオ」も5分間に渡って放映。このビデオは,Microsoftの主要な幹部のほか,ロック・バンドU2のボノ氏や,元副大統領のアル・ゴア氏,大統領選挙の候補者であるヒラリー・クリントン氏やオバマ上院議員も登場する豪華版で,来場者の笑いを誘っていた。

 ただし,ジョーク以外の講演内容は,あまり笑みを浮かべて聞ける内容のものではなかった。

 Gates氏は,2000年以降の10年間のことを,人々の仕事や生活がデジタル化されていった「デジタル・ディケイド(デジタルの10年間)」と呼んでいる。Gates氏は「最初のデジタル・ディケイドは非常に大きな成功を収めたが,これは始まりに過ぎない。次のデジタル・ディケイド(Next Digital Decade)には,大きく3つの面で技術が進歩するだろう」と語った。

 1つ目は「HD Everywhere(どこでも高精細)」というもので,「部屋や机の上に置かれたディスプレイがみな高解像度になり,人々をつなげるデバイスになる。仮想世界でゲームをしたり街を歩いたりする体験がより豊かなものになり,3次元仮想世界がWebの世界を変えていくことになるだろう」(Gates氏)と語る。

 2つ目は「Services-connected devices(デバイスは常にサービスと共に)」で,あらゆるデバイスはネットワークに接続され,ブラウザが搭載され,さまざまなオンライン・サービスを利用できるようになる。

 3つ目は「Natural User Interface(自然なユーザー・インタフェース)」で,「最初のデジタル・ディケイドのインタフェースはキーボードとマウスだった。既に,Windows PCやiPhoneではタッチ機能が普及しており,これらが今後の主流になる。また,電話などのデバイスに,音声認識機能や画像認識機能が搭載されて,人々がより簡単な方法で,情報を操作できるようになる」(Gates氏)と語った。

Windows Vistaは1億本を販売

 Gates氏がビジョンを語ったのはここまでで,基調講演ではこの後,同社の事業に関する現状説明が淡々と行われた。2007年1月に一般販売が始まったWindows Vistaはすでに1億本が販売され,オンライン・サービスのWindows Liveは4億2000万ユーザーを超え,Windows Mobile搭載デバイスの出荷は近いうちに2000万台を突破するという。

 Microsoftが現在最も力を入れているのは,ご存知の通り「Windows Live」で,基調講演でもそのデモが行われた。しかし,Windows Liveの写真管理ソフト「Windows Live Photoギャラリー」の主要機能として紹介されたパノラマ写真作成のデモは,2005年に同社が発売したフォト・レタッチ・ソフト「Microsoft Digital Image Pro」の新機能紹介で行ったものと,使用する写真データまで含めて全く同じもの。4年前に100ドルで販売していた製品を無料化したことをアピールしたかったかどうかは不明だが,新味は無かった。

 続いて,同社が2007年5月に発表したテーブル型パソコン「Surface」のデモを行ったほか(写真2),同社が売り出し中のFlash対抗技術「Silverlight」が,米NBCによる北京オリンピックのWeb中継の技術として採用されたことなどが発表された。ただし,NBCが中継に使用するWebサイトは,MicrosoftとNBCの共同事業である「MSNBC」であり,Microsoftの技術が採用されるのは当たり前だろう。

写真2●テーブル型パソコン「Surface」のタッチ式ユーザー・インタフェース
写真2●テーブル型パソコン「Surface」のタッチ式ユーザー・インタフェース [画像のクリックで拡大表示]

■変更履歴
Bill Gates氏の講演回数を12回目としていましたが、正しくは11回目です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2008/01/08 01:59]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら