EPCグローバルの物流部会(TLS IAG)と家電部会(CE IAG)は08年1月22~24日、中国から米国に輸出する貨物に無線ICタグを取り付け、輸送過程をトレースする実験を実施する。中国で生産した東芝のパソコンを空路で米国に輸送し、その過程を追いかける。TLS IAGの実証実験はこれで2回目だが、今回は、「荷主である家電メーカーと物流業者が、EPCグローバルの標準インタフェース『EPCIS』を介して、追跡情報を互いに交換できるようにした点が新しい」(物流部会共同議長である日本郵船グループMTIの石澤直孝 技術戦略グループプロジェクトマネージャー)という。前回は、物流業者側で追跡システムを稼働させ、荷主から参照できるようにしていた

 今回の実験の特徴は、追跡したい貨物の“粒度”が異なる荷主と物流業者がICタグ・データを交換できるようにしたところだ。荷主の家電メーカーは、製品のこん包(梱包)単位の居場所を知りたいし、航空物流業者ならコンテナ単位で管理したい。EPC標準(ISO準拠)では、こうした貨物の包含関係(親子関係)を定義できる。この梱包は、このパレットに積載され、そのパレットはこのコンテナに積載され、そのコンテナはこの航空機に積載されるといった具合だ。

 各貨物の親子関係は、サプライチェーンの各プレーヤがそれぞれの流通過程で記録する。例えば家電メーカーは梱包とパレットの親子関係を記録し、陸運業者はパレットとコンテナの関係、航空貨物業者はコンテナと航空機の関係を管理する。それを記録するためのデータベースを「EPCISリポジトリ」と呼ぶ。EPCISリポジトリには、ICタグから読み取ったIDである「EPCコード」と、流通履歴などの付加データを対にして記録する。今回の実験では、東芝のEPCISリポジトリをNTTコムウェアが、航空貨物業者として参加する日本貨物航空(NCA、日本郵船の子会社)と陸運を担う米UPSなどのEPCISリポジトリをGS1香港が運営し、互い連携して動作するようにした(GS1は、EPCグローバルを傘下におくバーコードなどの標準化団体)。

 各梱包の居場所を追跡するアプリケーションは、おおよそ次のように機能する。梱包に付けたICタグのEPCコードをキーに、東芝のEPCISレポジトリにアクセスして、パレットのEPCコードを調べる。次に物流業者にアクセスして、パレットのEPCコードをキーに、コンテナや航空機のEPCコードを調べ、その居場所を引き出すのだ。このように、サプライチェーンの各プレーヤが必要な情報だけを分散管理して、互いに情報を調べられるようにしたのがEPCISなどの標準規格の魅力である。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら