米IBMは米国時間12月6日,台湾のASUSTeKおよびその北米子会社ASUS Computer Internationalが同社の3つの特許を侵害しているとして米国際貿易委員会(ITC)に苦情を申し立てたと発表した。IBMはASUSTeK製コンピュータおよび部品の米国への輸入を禁止するよう,ITCに求めている。

 IBMが問題としているのは,パソコンの電力供給に関する特許(米国特許番号5,008,829),自動ファン速度制御に関する特許(同5,249,741),コンピュータ群をネットワーク上の単一ホストとして表示する手法に関する特許(同5,371,852)。IBMはASUSTeK製ノート・パソコン,サーバー,ベアボーン,ルーターや各種部品にこれらの特許を侵害されたと主張している。

 IBM広報担当のAri Fishkind氏によると,同社は2004年12月にASUSTeKとのライセンス契約期限が切れた後,「公正かつ正当な契約」を締結するようASUSTeKに繰り返し求めていたという(米メディアの報道)。

[発表資料へ]