[画像のクリックで拡大表示]
テックスタイル・グループのプレディクション担当メンバー
テックスタイル・グループのプレディクション担当メンバー
[画像のクリックで拡大表示]

 プレディクションは11月1日,会員の投票で将来を予想する予測市場サイト「プレディクション」を開設した。ユーザーが「株式市場」または「賭け」の形で自分の予想に従って「仮想株」や「仮想通貨」を増やすゲームを無料で楽しむことで,結果として未来が予測されるという。

 株式市場の場合は「スポーツ・チーム」や「政治家」などが株になる。「賭け」の場合,製品の発売時期や政治家の辞任時期などが掛けの対称になる。株式市場や賭けのテーマはユーザーが自由に開設することができる。11月25日には携帯電話対応版のオープンを予定している。

 このようなサイトは予測市場と呼ばれ,欧米では英Finacial Timesの「FTPredict」や映画サイト「Hollywood Stock Exchange」,スポーツ・サイト「TradeSports」,賭けサイト「BluBet」などがある。少数の専門家による予測よりも,多くの一般による予想の方が高い的中率を示すというコンセプトのもとで運営されており「例えばHollywood Stock Exchangeはアカデミー賞の受賞者を3年間にわたり99%以上的中させた」(プレディクション)という。プレディクションでは,予測市場サイトを事業化するのは日本で初めてとしている。

 プレディクションでは初年度にユーザー数十万人の獲得を目指している。収入源はこの予測エンジンのOEM供給,予測案件の調査およびコンサルティング,広告。初年度はOEM供給で2000万円,コンサルティングで1000万円,広告で2000万円を目標としている。

 プレディクションはテックスタイル・グループが設立した。テックスタイル・グループではプログラミングのノウハウやコードを共有するサイト「コードなにがし」を2007年8月にオープンするなど,「群集の叡智」を事業コンセプトのひとつと位置付けているという。