ドワンゴ 戀塚昭彦氏
ドワンゴ 戀塚昭彦氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「(2006年)10月後半のとある金曜日に,川上(量生ドワンゴ会長)から『動画の上にカラフルなコメントがランダムに流れている』システムを見せられて『こういうものを作らないか?』と言われて,翌週の水曜日にはだいたい出来上がった」--9月7日開催されたイベント「ITpro Challenge!」で,「ニコニコ動画」の開発者であるドワンゴの戀塚昭彦氏は,こんな逸話を披露した。

 ドワンゴが2006年12月に運営を開始した「ニコニコ動画」は当初,「YouTube」などの他社のサービスの動画の上にコメントを表示させるというシステムだった。その後,YouTubeの動画が使えなくなったことから,自社でも動画投稿/配信システムを構築するようになって今日の状態に至っている。今回講演を行った戀塚氏は,YouTubeの動画を使っていた初期のニコニコ動画を,事実上1人で作り上げたという人物だ。

「ありえない速さ」で開発

 戀塚氏がニコニコ動画に関わるようになったのは,冒頭の発言にある通り2006年10月後半のこと。同社の「ニコニコ動画開発者ブログ」によれば,企画自体は8月頃より始まっており,戀塚氏は10月後半に同社会長の川上氏から,UEI(UBIQUITOUS ENTERTAINMENT)の布留川英一が作成した「動画の上にカラフルなコメントがランダムに表示される」というデモを見せられて,「こういうシステムが欲しいので,作らないか」と持ちかけられたという。

 UEIのシステムを見せられた戀塚氏は,「動画を見ながら会話をするのは,自分の好きな2ちゃんねるの『実況板』(テレビの放送に合わせてユーザーがリアルタイムで書き込みを行う掲示板)みたいだと思った。動画にコメントを貼り付けるシステムであれば,祭りの時間(盛り上がっている時間)に居合わせなくても参加できると思ったので,すぐにやろうと思った」と,開発の動機を語る。

 川上氏に開発スケジュールを聞いたところ「締め切りは設けない。ありえない速さで開発することを求めている。来週には動いているよね?」と言われたので,翌週の水曜日に出来上がったのが,ニコニコ動画だったという。その後,UEIのエンジニアと引継ぎのための打ち合わせをしたが,「何も引き継ぐものがないと言った」と戀塚氏は振り返る。当初のニコニコ動画は,実質3営業日でゼロから開発されたと言える。

 もっとも,戀塚氏がニコニコ動画を3日で開発できたのには訳があった。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら