写真1●東京都の防災訓練で通信回線の復旧訓練をを実演してみせたNTT東日本
写真1●東京都の防災訓練で通信回線の復旧訓練を実演してみせたNTT東日本
[画像のクリックで拡大表示]

 「防災の日」の9月1日,NTT東日本,NTTドコモ,KDDI,ソフトバンクモバイルの通信事業者4社は,「平成19年度東京都・昭島市・福生市・武蔵村山市・羽村市・瑞穂町合同総合防災訓練」に参加。会場の一つである「昭島市会場」で,災害時に使用するさまざまな通信設備や電源装置を展示するとともに,通信回線の応急復旧訓練を披露したり,災害用伝言板サービスの体験デモを実施したりした(写真1)。

 まずNTT東日本は,「災害時における通信設備の応急復旧訓練」を実演した。電柱が倒れ,電話回線が切断されたという想定で,その復旧作業を実施(写真2)。さらに復旧した電柱と衛星通信移動無線車(写真3)を使って,通信衛星経由で臨時の電話回線を確保し,特設の無料公衆電話を避難所に設置(写真4)するという訓練を披露した。

 訓練の開始時刻の午前11時になると,会場内に設けられた実演コーナーにサイレンを鳴らした工事用車両が次々と到着。2台の工事車両を使って傾いた電柱を元に戻した。次に,作業員が衛星通信移動無線車と電柱上のクロージャ,さらには避難所に見立てたテント内の電話機ともう1本の電柱上のクロージャを電話線で結び,手際よく臨時の無料公衆電話の設置を完了した。

 またNTT東日本は,2000kVAの非常用移動発電装置を搭載した大型の移動電源車を展示(写真5)。車両内部のガスタービン・エンジンなどを公開していた。

写真2●傾いた電柱を元に戻して電話回線を復旧する作業員   写真3●NTT東日本が所有している衛星通信移動無線車
写真2●傾いた電柱を元に戻して電話回線を復旧する作業員
[画像のクリックで拡大表示]
  写真3●NTT東日本が所有している衛星通信移動無線車
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●衛星経由の無料公衆電話や災害用伝言ダイヤル171の体験コーナー   写真5●NTT東日本が所有する大型の移動電源車
写真4●衛星経由の無料公衆電話や災害用伝言ダイヤル171の体験コーナー
[画像のクリックで拡大表示]
  写真5●NTT東日本が所有する大型の移動電源車
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら