企業が仮想化サーバー技術を導入する際には,何が障壁になるのだろうか。信頼性か,パフォーマンスか,それともソフトウエア・ライセンスか---。PCサーバー用の仮想サーバー技術のベンダーであるヴイエムウェア,米XenSourceの製品を取り扱う伊藤忠テクノソリューションズ(CTC),マイクロソフトの3社が,開催中の「Interop Tokyo」でパネルディスカッションを行った。

 Interop Tokyoのパネルディスカッション「仮想サーバーのオープン化とコストダウン手法」は,「ユーザー」の立場である独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)グリッド研究センターの伊藤智氏と,「PCサーバーよりも数十年早く,メインフレームにおいて仮想化技術の導入を済ませた」立場である日本IBMシステムズ・エンジニアリングの濱田正彦氏が司会役になって,議論が進められた。

PCサーバーの仮想化技術は,あと1~2年でメインフレーム並みに

 まずは日本IBMシステムズ・エンジニアリングの濱田氏が,仮想化技術の歴史を説明した。IBMがシステムの仮想化に取り組み始めたのは,1970年代にさかのぼる。仮想メモリー,ハードウエアの仮想化,サーバーの論理分割,仮想専用線,ストレージ仮想化,動的な論理分割--。メインフレームやUNIX(AIX)サーバーでは,仮想化技術は1990年代にはほぼ完成していた。PCサーバーで仮想化技術が使えるようになったのは,1990年代末に「VMware」が登場してからのこと。濱田氏は「仮想化技術の新潮流を追いかけている人たちは,メインフレームの歴史にも目を向けてほしい。今のPCサーバー向け仮想化技術に何が足りないのか,メインフレームの仮想化技術を見れば分かるからだ」と語る。

 それでも濱田氏は「IBMが30年間かけて完成させた仮想化技術の『20年分』は,PCサーバーでもこの3~4年間だけの進化で追いついてしまった。PCサーバー分野の仮想化技術は,あと1~2年で,IBMが30年かかった場所にまで到達するのではないか」と指摘する。メインフレームと比較して,PCサーバーの仮想化技術に欠けるのは,I/Oの仮想化や,仮想化技術の統合管理であり,この分野の進歩に注目が集まるだろう。

VMwareの強みは技術の成熟,VMotionの実用も進む

 
写真1●左から,ヴイエムウェアの名倉丈雄氏,CTCの鈴木誠治氏,マイクロソフトの田辺茂也氏
[画像のクリックで拡大表示]
 次にヴイエムウェア,CTC,マイクロソフトの3社の担当者が,各社の仮想化技術の現状を説明した(写真1)。最初に説明を始めたのは,ヴイエムウェアの名倉丈雄氏で,名倉氏は同社の仮想化製品「VMware Infrastructure 3(VMware ESX Serverを核にした製品群)」が,ハイパーバイザー・ベースの製品として既に3世代目に当たることや,ハイパーバイザーである「VMkernel」の信頼性が高く,2年間に渡ってノンストップで稼働させているユーザーも存在することなどをアピールした。

 また「VMotion」と呼ばれる,ある物理サーバー上で稼働している仮想マシン(VM)を,動作を一切止めずに他の物理サーバーに移行する技術が既に実用段階にあるのも強みだ。VMotionが有用なのは,ある物理サーバー上の仮想マシンの負荷が高まった場合に,同一物理サーバー上にある他の仮想マシンを,空いている物理サーバーに移動することで,サーバー・リソースを有効活用したり,物理サーバーの障害に備えたりできる点である。また仮想マシンを簡単に移動できるため,ディザスタ・リカバリも容易だとしている。

商用版の「Xen」は,シンプルな管理ツールを搭載

 オープン・ソースの仮想化技術「Xen」の現状に関しては,CTCの鈴木誠治氏が説明した。CTCは商用版の「Xen Enterprise」を開発するXenSourceの製品を取り扱うソリューション・プロバイダである。ハイパーバイザー・ベースの「Xen」について鈴木氏は「VMwareが10年かけてやってきたことを,2年で追い上げている。まだ足りない部分はあるが,もうすぐ追い付くのではないかと思っている」と語る。

 例えばXen 2.0までは,ゲストOSに改変を加えなければ仮想マシン上で動作させられなかったが(これを「準仮想化(para-virtualization)」と呼んでいる),Xen 3.0ではOSを改変しなくても動作できる「完全仮想化(full virtualization)」にも対応。Windowsに関しては,マイクロソフトとの提携も進めており,「Windows Server 2008」では,Xen上でWindowsを動かすことや,Windows Server 2008の仮想化機能上でXenのドライバなどを使ってLinuxを動かすことなどが可能になる。また,稼働中の仮想マシンを他の物理サーバーに移動する「ライブ・マイグレーション」などにも対応しているほか,サード・パーティ製の管理ツールを開発できるSDK(ソフトウエア開発キット)なども整備されている。

 XenSourceが開発する商用版の「Xen Enterprise」は,管理ツールを付属したXenである。「Xen Enterpriseのインストールは10分で可能。複数の仮想サーバーを管理するためのツールも,GUIベースのものとコマンド・ライン・ベースのものの両方を用意している」(鈴木氏)という。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら