米Sun Microsystemsは米国時間5月8日,Javaプラットフォーム「Java Platform Standard Edition(Java SE)」向けのJava開発キット「Java Development Kit(JDK)」をJavaの開発コミュニティ「OpenJDK」に提供し,オープンソース・ライセンスGNU General Public License Version 2(GPLv2)を適用して無償公開すると発表した。

 「Java技術をGPLv2でオープンソース・ソフトウエアとして公開したいとする意向を明らかにしてから1年以内に目標を達成できた。オープンソース・コミュニティは,Javaクライアント向けのJava SE,企業システム向けのJava EE(Enterprise Edition),組み込み用のJava ME(Micro Edition)を,GPLの下にフリー・ソフトウエアとしてアクセスできるようになった」(Sunのソフトウエア担当執行副社長のRich Green氏)。

 一部のJavaソースコードについては,SunがGPLv2の下に公開する権限を持たないため,フリー・ソフトウエア・コミュニティとの協力を通じてこれらのコードを置き換えたいとしている。

発表資料へ