7月15日,オープンソース関連コミュニティが合同で開催したイベント「オープンソースカンファレンス2006 北海道」が行われた。20組以上のコミュニティが参加,20以上の講演が行われ,二百数十名が来場した。



[画像のクリックで拡大表示]

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) オープンソースソフトウェア・センター センター長 田代秀一氏は,同センターの取り組みについて講演。2006年度から始めたオープンソースソフトウェア活用基盤整備事業のテーマ型公募などについて紹介した。また「現在ドラフトが公開されているGPL3では,ディジタル著作権管理機能の使用を禁じているが,日本は組み込みでLinuxを多く使っていて,著作権管理が使用できなくなると大きな問題になる」と,GPL3についての調査を進めていることを説明した。



[画像のクリックで拡大表示]

 OpenOffice.org日本ユーザー会の可知豊氏と鎌滝雅久氏は,USBメモリーに格納し,差し込むと起動するOpenOffice.orgや,VBAOpenOffice.orgの新機能であるVBA対応について紹介した。



[画像のクリックで拡大表示]



[画像のクリックで拡大表示]



[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら