マイクロソフトが5月30日に開催した,オフィス・スイート次期版「2007 Microsoft Office system(Office 2007)」に関する説明会「Reviewers Workshop」に基づき,8回に分けてOfficeの新機能を紹介する。今回は,取り扱い可能なデータ量が従来バージョンに比べて1024倍になった「Excel 2007」の新機能について説明しよう。

 Excel 2007における最大の機能強化点は,最大列数が従来の256列から1万6384列に,最大行数が従来の6万5536行から104万8576行に増え,行×列のセル数が従来の1024倍になったことが挙げられるだろう。これまで,例えば「ピボット・テーブル」機能を使って業務データのクロス集計などをしようと思っても,扱えるデータ量が小さいため,実用的でない場合があった。扱えるデータ量が大幅に増えたExcel 2007は,非常に有力な「データ分析ツール」になったといえるだろう。

 このほかにもExcel 2007には,「ページ・レイアウト表示」や「式のオート・コンプリート」「テーブル機能の強化」「条件き書式」といった,非常に便利な機能が追加されている。

「罫線付きワープロ」に欠かせない「印刷レイアウト」機能

 決して本来の使い方であるとはいえないが,Excelを便利な「罫線付きワープロ」として使っているユーザーも多いだろう。罫線の多い文書を作るのに,Excelは確かに便利だ。しかしExcelをワープロとして使う上で不便だったのが,ExcelにはWordで言うところの「印刷レイアウト」を見ながらの文書編集ができないことであった。

 Excel 2007にはいよいよ,Wordの「印刷レイアウト」とほぼ同じ機能である「ページ・レイアウト表示」という機能が搭載される(写真1)。これは,印刷したときの仕上がりを見ながら,表のサイズや位置,グラフの大きさなどを編集できる機能である。従来のようにいちいち「印刷プレビュー」で仕上がりを確認する必要がなくなった。


写真1:印刷イメージを確認しながら編集できる「ページレイアウト表示」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら