デルは、ハードディスク(HDD)が故障した場合などHDD交換を行う際に、古いHDDをユーザーが手元に保存できる「HDD返却不要サービス」を5月10日より開始した。またHDDを磁気で破壊する「HDD磁気破壊サービス(仮称)」を5月下旬から開始する予定。

 HDD返却不要サービスはパソコン、サーバー、ストレージの全製品を対象としたサービスで、本来は修理時に新しいHDDと交換するとデルに所有権が移る古いHDDをユーザーがそのまま保持できるサービス。出張修理が前提のサービスとなっており、重要なデータが保存されたHDDを設置場所から移動する必要がなくなる利点がある。重要情報の持ち出しを禁じるセキュリティポリシーを持つ企業などの需要を見込む。サービス価格はパソコン1台当たり1500円/年。また、出張修理サービスが標準で含まれていない個人向け製品ではサポートサービスメニューの追加購入が必要となる。

 HDD磁気破壊サービスは、HDD返却不要サービスに追加できるサービスで、交換した古いHDDに対してその場で磁気破壊作業を行う。作業後には「磁気破壊作業完了」の証明書を発行する。輸送時の紛失といった危険がなく、HDDからのデータ流出の可能性が極めて低くなる。