写真:SCEの久多良木健社長兼CEO
[画像のクリックで拡大表示]

図1:ヨーロッパ地域におけるPS2の売り上げの推移。PS1発売当初の売り上げ推移よりも好調であるという。
[画像のクリックで拡大表示]

図2:世界各国におけるPS1/PS2の家庭普及率。青色がPS1,赤色がPS2である。
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は3月15日,東京都内でソフトウエア・メーカーや報道機関向けに発表会「PlayStation Business Briefing 2006 March」を開催した。PlayStation 3(PS3)の出荷計画や機能,PS3の出荷と同時に開始する新しいネットワーク・サービス,PSP(プレイステーション・ポータブル)の機能拡張計画---などを明らかにした。同社社長兼CEOである久多良木 健氏(写真)によるプレゼンテーションの全貌を,スライドを交えて詳しくお伝えしよう。

PS2の普及率が低かった欧州でも売れ行き好調

 久多良木氏はまず,現行ゲーム機「PlayStation 2(PS2)」の現状について報告した。PS2は発売から6年間に1億台が売れ,ゲーム・タイトルは世界で6732タイトル,販売本数で10億本を超えたという。現在,PS2の売れ行きが最も好調なのは欧州地域(PAL形式でテレビ放送をしている地域)だ。

 図1はPAL地域におけるPS2の売り上げ(赤色のグラフ)の推移を示したもの。横軸は「発売から経過した月数」である。青色のグラフで示されている初代「PlayStation(PS1)」の発売当初の売れ行きを,PS2の売れ行きが大幅に上回っていることが分かる。欧州でPS2の販売が好調なのは,これらの地域におけるPS2の普及率がそもそも低いことにあるようだ。図2は世界各国におけるPS1/PS2の家庭普及率を示したグラフである(青色はPS1で赤色はPS2)。PS2の普及率は日本で41%,米国では32%。しかし,欧州大陸におけるPS2の普及率は,フランスで20%,スカンディナビア地域が16%,イタリアが14%,ドイツが10%と低い。これらの地域はPS1の普及率も低いので,元々PlayStationが苦戦していた地域と言えるが,欧州でもPS2の売れ行きが好調になっていることを,久多良木氏は強調したわけだ。

(次のページに続く)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら