任天堂は2月15日,携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」向けのWebブラウザ「ニンテンドーDSブラウザー(仮称)」を6月に発売すると明らかにした。ノルウェーのオペラ・ソフトウエアとの共同開発で,カード型カートリッジ「DSカード」として提供する。価格は3800円の予定だ。

 ニンテンドーDSにカードを差し込み,無線LANアクセス・ポイント経由でインターネットに接続することで,上下2枚の液晶画面を使ったWeb閲覧が可能になる。自宅の無線LANアクセス・ポイントに接続可能なほか,任天堂が全国の玩具店などに設置した「ニンテンドーWi-Fiステーション」やFREESPOT協議会の「FREESPOT」でも利用できる。

 その他の公衆無線LANサービスへの対応は「今後検討を進めていく」(任天堂広報)とするにとどまった。

 同時にジャストシステムが,日本語入力システム「ATOK」をニンテンドーDSブラウザー向けに提供すると発表した。

(白井 良=日経コミュニケーション