写真1 2001年6月の「Yahoo! BB」発表以来,久々の“競演”となった孫正義ソフトバンク社長(左)と井上雅博ヤフー社長(右)
写真1 2001年6月の「Yahoo! BB」発表以来,久々の“競演”となった孫正義ソフトバンク社長(左)と井上雅博ヤフー社長(右)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 女優の上戸彩さんらも会見に登場(左からボブ・サップ氏,新垣渚投手,井上ヤフー社長,孫ソフトバンク社長,上戸彩さん,鈴木亜久里氏)
写真2 女優の上戸彩さんらも会見に登場(左からボブ・サップ氏,新垣渚投手,井上ヤフー社長,孫ソフトバンク社長,上戸彩さん,鈴木亜久里氏)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクとヤフーは12月19日,動画ソフトの配信やシステム運用を行う共同出資会社のTVバンクを設立し,同日に事業運営を始めたと発表した。同時にヤフーの動画配信サイト「Yahoo!動画」を大幅に強化し,3万本以上のソフトを配信するポータルに衣替えした。

 衣替えしたYahoo!動画は,無料ソフトを約1万6000本,ハリウッド映画などの有料ソフトを約1万5000本そろえた。さらに,インターネット上で閲覧できる動画ソフトを検索する機能を提供。合計で10万本の動画ソフトを閲覧できるサイトにしたという。「10万本のソフトを一気に提供することで,4000本程度にとどまる他社を圧倒する」(ソフトバンクの孫正義社長)。

 会見には,ソフトバンクの孫社長とヤフーの井上雅博社長がそろって出席した(写真1)。二人が顔をそろえるのは2001年6月の「Yahoo! BB」発表以来。サービスへの意気込みを感じさせる。さらに,女優の上戸彩さん,ソフトバンク・ホークスの新垣渚投手,格闘家のボブ・サップ氏,元F1ドライバーの鈴木亜久里氏も,応援に駆けつけた(写真2)。

 無料動画配信サービスでは,登録ユーザー数が500万人を突破したUSENの「GyaO」などが先行して人気を集める。これに対し孫社長は,「野球やモーター・スポーツ,格闘技などのライブ配信で違いを見せる。プロ野球中継などで培った生放送を多数のユーザーに配信するノウハウは,他社に対する大きな強み」と対抗意識をあらわにした。

(島津 忠承=日経コミュニケーション