千葉銀行は11月1日,同銀行をかたった悪質なCD-ROMが確認されているとして注意を呼びかけた。同銀行のインターネット・サービスを利用しているユーザーがそのCD-ROMをインストールすると,ユーザーの預金口座から別の口座へ知らない間に送金される恐れがある。実際に被害が確認されている。同銀行ではWebサイト上で「CD-ROMでソフトウエアをお送りするようなことは一切行っておりません」としている。

 被害に遭ったのは,同銀行の法人向けインターネットEBサービス<Web-EB>のユーザー。「千葉銀行名で送られてきたCD-ROMをパソコンにインストールしたところ,預金口座から身に覚えのない振込がなされた」との報告が同銀行に寄せられた。

 調査したところ,同様のCD-ROMは3ユーザーへ郵送されていた。そのうち1ユーザーがCD-ROMをインストールして被害に遭ったという。

 同銀行では,「CD-ROMでソフトウエアを送ることはない」とした上で,「同銀行名でCD-ROMが送られてきても,PCには絶対挿入しないように」と警告している。また,口座の取引明細や残高などはこまめに確認して,万一不審な取り引きが認められるようなら同銀行に連絡するよう呼びかけている。

◎参考資料
当行を偽装して郵送されるCD-ROMにご注意ください(ニュースリリース)