ソフトウエアの品質保証の技術力向上や普及・啓蒙を目指す団体「IT検証産業協会(IVIA、IT Verification Industry Association)」が、10月20日に発足した。ソフトのテストや品質保証といったサービスを手がけるベンダーが集まり、設立したもの。

 具体的な活動としては、まず体系的な品質保証技術の整備と標準化を進める。協会内にワーキンググループを設置して、整備すべき技術分野を検討する。また、ITベンダーなどが品質保証技術者を効果的に育成するためのスキルマップを策定したり、同協会としての技術認定制度を策定する。このほか、ベンダーや技術者間の交流や、品質保証活動に関する技術情報の発信なども実施する。

 当初の会員企業は、ベリサーブやエス・キュー・シー、システムソリューションセンターとちぎなど10社。会長にはベリサーブの浅井清孝社長が就任した。