閉じる

キーワード

日経コンピュータ

目次

  • FPGA

     Field-Programmable Gate Arrayの略で、論理回路を自在に再構成できる(=プログラマブル)集積回路のこと。家電やネットワーク機器、高速取引システムなどに使われていたが、近年はGPU(グラフィックス処理チップ)と並ぶ、データセンターの高速化・省電力化の切り札として注目を浴びて…

  • ユニファイドコミュニケーション

    Unified Communication

     電話や電子メール、インスタントメッセンジャー、ビデオ会議、グループウエアなどの通信手段を統合し、一つのプラットフォーム上から利用できるようにする技術や仕組みのこと。「UCツール」などと呼ばれる。米マイクロソフトの「Lync」や米シスコシステムズの「Jabber」などがある。

  • 法人ポータル

     2015年10月に国税庁が通知する13桁の法人番号を使って、法人関連情報のワンストップサービスなどを実現するサイト。現在は計画段階でサイト名は仮称だが、アイデア次第で新たなサービスが登場する可能性がある。行政機関からのお知らせを表示するプッシュ型サービスや、民間の法人情報サービスとの連携なども検討…

  • ビーコン

    Beacon

     地上に設置された送信局から電波や赤外線などを発して、それを受信した移動局が位置や各種の情報を取得する仕組みのこと。古くは航空機の誘導や船舶の航行補助、道路での交通情報配信などに使われてきた。最近は、消費者に対するO2O(オンライン・ツー・オフライン)マーケティングや位置連動サービスなどの実現手段と…

  • MVNO

    Mobile Virtual Network Operator

     MVNOは仮想移動体通信事業者(MobileVirtual Network Operator)の英語表記の略語である。基地局や回線設備を保有する移動体通信事業者から設備を借り受けて、自社ブランドで通信事業を行う企業を指す。

  • スマートウオッチ

    Smart Watch

     手首に装着するタイプのコンピュータのうち、腕時計に似た形の端末のこと。ユーザーの体に装着するコンピュータであるウエアラブル端末の中で、メガネ型やリストバンド型などと並ぶ代表的な形状の一つである。

  • CLO

    Card Linked Offer

     クレジットカードの会員属性や利用履歴に基づいて趣味嗜好を分析し、提携企業の割引クーポン情報の露出を図って店舗集客に役立てるマーケティング手法。CLOサービスの利用企業は、自社の顧客データにとどまらない、クレジットカードの利用履歴データをマーケティングに活用できるため、より精緻なターゲティングが可能…

  • クラウドERP

    Cloud ERP

     クラウド環境で利用するERP(統合基幹業務システム)のこと。オンプレミス(サーバー設置型)で動かすのに対して、初期費用を抑えられる、短期間で導入できるといったメリットがあり、クラウドERPのユーザーが増えている。

  • ICT国際競争力強化・国際展開イニシアティブ

      2014年6月20日、総務省が公表したICT分野の国際競争力強化に向けたビジョンと施策をとりまとめた報告書。NTTグループ、KDDI、日立製作所、富士通、NECといった大手ICTベンダーやソニー、パナソニック、シャープといった電機大手、ローソンなどのユーザー企業のトップが参画する「ICT国際競争…

  • アジャイルソフトウエア開発

    Agile Software Development

     価値の高いソフトウエアを、素早く、継続的に提供することを狙った開発手法の総称。略して「アジャイル開発」などと呼ばれる。アジャイルは「俊敏な」という意味。具体的な開発手法として、「エクストリームプログラミング(XP)」や「スクラム」「リーンソフトウエア開発(リーン開発)」などがある。

  • Hadoop

     Apacheソフトウエア財団(ASF)が開発を進めるオープンソースソフトウエア(OSS)の分散データ処理ソフト。「ハドゥープ」と読む。複数台のサーバーによってバッチ処理を並列実行するためのソフトとして開発された。ASFが2013年10月に正式版をリリースした「Hadoop 2」では、SQLクエリー…

  • VoLTE

    Voice over LTE

     VoLTE(Voice over LTE、ボルテ)は、高速データ通信サービスLTE上で音声通話(電話)の仕組みを提供するための技術である。

  • ディープラーニング

    Deep Learning

     コンピュータに人間のような学習機能を持たせる機械学習(Machine Learning)の一分野である。深層学習ともいう。

  • キャリアアグリゲーション

    Carrier Aggregation

     キャリアアグリゲーション(CA)は無線データ通信高速化のための手法・技術である。複数の電波(搬送波=キャリア)を集約(アグリゲーション)して通信する。次世代携帯電話サービス規格「LTE-Advanced」の要素技術の一つである。CAを使えば、既存の電波周波数帯や設備を活用しながら実効速度や通信の安…

  • Windows 8.1 Update

     米マイクロソフトのPC/タブレット用OS「Windows 8.1」向けの無償アップデート版の名称。2013年10月に登場したWindows 8.1に対する機能追加のアップデートとなる。プログラム番号はKB2919355。Windows 8.1が、マイクロソフトが運営するソフトウエア配信サービス「W…

  • OpenID Connect

     ユーザーがパーソナルデータのコントロールを行う目的で開発された認証プロトコル。IDのフェデレーション(認証連携)や統合を進める基盤技術となる。

  • IoT

    Internet of Things

     自動車や家電など多種多様な「モノ(Things)」がインターネットにつながり、お互いに情報をやり取りすることで、新しい価値を生み出すという概念。日本語では「モノのインターネット」と訳されることが多い。機器同士が直接通信することから、M2M(マシン・ツー・マシン)とも呼ばれる。

  • スマートメーター

    Smart Meter

     電気の検針に使うメーターのうち、自動検針機能など高度な機能を持つものを「スマートメーター」という。電力メーターは、各家庭・事業所における電気の利用状況を記録。1~2カ月に一度検針員が訪問し、目視で利用状況を確認して検針結果を手入力し、電気料金を請求するのが一般的だ。

  • フォグコンピューティング

    Fog Computing

     シスコシステムズが提唱しているネットワーク構想。様々なデバイスから集まる大量のデータを、遠方にあるデータセンター内のサーバーに集約して処理する前に、エンドユーザーに近いネットワークエッジ(末端)で処理する。

  • 改正労働者派遣法

    Revised Worker Dispatching Act

     1985年に成立した労働者派遣法を改正した法律のこと。厚生労働省は2015年4月に改正法の施行を目指している。派遣法は当初、派遣先の社員保護を念頭に、専門的な業務以外の派遣事業は原則禁止の方針だったが、1999年に原則自由化。2012年の改正では、派遣労働者保護のための法律であることを明記するなど…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る