「自ら学習するマシンを生み出すことには、マイクロソフト10社分の価値がある」。
米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏は今から10年前の2004年2月にこう語った。
その時は来た。
米グーグルや米アップル、米フェイスブックといった先進IT企業は今、コンピュータがデータの中から知識やルールを自動的に獲得する「機械学習」の技術を駆使し、様々なイノベーションを生み出し始めている。
これらは来たる機械学習革命の、ほんの序章に過ぎない。
機械学習の本質は、知性を実現する「アルゴリズム」を人間の行動パターンから自動生成することにある。
この事実が持つ意味は、果てしなく大きい。
今後、実社会における様々な領域で「人間の頭脳を持つプログラム」が登場する一方、データの中から知識やルールを見つけ出したり、プログラムを開発したりするデータサイエンティストやプログラマーの仕事が、機械に置き換えられてしまうからだ。
機械学習は社会や企業にどんな革命をもたらし、IT関係者の役割や活動の場はどう変わるのか。
猛スピードで進行する革命の本質に迫る。

(中田 敦)

◆part1 嘆く天才プログラマー
◆part2 常識破りの9事例
◆part3 危機を好機に、五つの未来


【無料】特別編集版(電子版)を差し上げます 本記事は日経コンピュータ1月9日号からの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。本「特集」の全文は、日経BPストアの【無料】特別編集版(電子版)で、PCやスマートフォンにて、1月16日よりお読みいただけます。なお本号のご購入はバックナンバーをご利用ください。

嘆く天才プログラマー

コンピュータ将棋が人間のプロ棋士に勝利したその裏側で、コンピュータ将棋を開発する天才プログラマーは敗北感を味わっていた。なぜ彼は、勝ったのに嘆くのか。そこに機械学習革命の本質が隠されている。

 「機械学習に魂を売ったようで悔しい」。コンピュータ将棋「激指(げきさし)」の開発者、東京大学工学部の鶴岡慶雅准教授は嘆く。

 鶴岡准教授の「激指」は、「世界コンピュータ将棋選手権」で4回の優勝を誇る最強クラスのコンピュータ将棋だ。激指はまだプロ棋士と対戦していないが、ライバルの「GPS将棋」は2013年4月、プロ棋士の三浦弘行九段(当時は八段)を破っている。チェスに比べてはるかに複雑で難しいと言われる将棋の世界において、最新のコンピュータ将棋は今や人間のプロに匹敵する棋力を持つとみなされている。

 それなのになぜ、コンピュータ将棋の作り手は嘆くのか。実は激指を含む最新の将棋プログラムのアルゴリズムは、人間が開発したものではない。コンピュータがプロ棋士による数万局の対局データ(棋譜)を分析し、指し手を「機械学習」することでアルゴリズムを自動生成しているのだ()。

図●コンピュータ将棋の変遷
[画像のクリックで拡大表示]

 過去の将棋プログラムのアルゴリズムは、プログラマーが将棋の知識と経験を駆使して手作りしていた。鶴岡准教授はそれを「プログラムに魂を込める作業だった」と表現する。しかし、今のコンピュータ将棋には、プログラマーの魂は入っていない。にもかかわらず強い。だから嘆いているのだ。

機械が奪った本当の仕事

 自動走行車が登場することでタクシー運転手の仕事が無くなる――。最近、「機械やロボットが人間の仕事を奪う」という論調が増えているが、これらは表面的な事象をとらえただけに過ぎない。

 より重要なのは、機械やロボットに知性を与える仕事、つまりアルゴリズムを作り出す作業までもが、コンピュータに取って代わられているという事実だ。

 「これまでのコンピュータは、人間がプログラムを与えなければ何もできなかった。しかしこれからは、人間がコンピュータにデータを渡すだけで済むようになる。コンピュータがデータの内容を自動的に理解し、適切な行動をするからだ」。米IBMでソフトウエア・ソリューションズ・グループを統括するマイケル・ローディン上級副社長は、こう語る。

 データを理解して行動するコンピュータの代表格が、機械学習を採用した質問応答(Q&A)システム「Watson」だ。WatsonはIBMの米トーマス・J・ワトソン研究所が4年の歳月をかけて開発した。2011年に米国の人気クイズ番組「ジョパディ」で人間のクイズ王に勝利したことで知られる。大量の文献を読み込み、内容を理解することで、質問の答えを自動作成する。

 IBMはWatsonのようなコンピュータを使うことを「コグニティブ(認識)・コンピューティング」と呼ぶ。「コグニティブ・コンピューティングは、IBMの歴史上でも最重要の革新だ」。ローディン上級副社長は断言する。


続きは日経コンピュータ1月9日号をお読み下さい。この号のご購入はバックナンバーをご利用ください。


出典:2014年1月9日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。