スマートフォンの急速な普及が、企業に新たな競争軸をもたらしている。オンライン・ツー・オフラインを意味する「O2O」だ。スマホを活用することで、実店舗にネットの顧客を誘導することが容易になり、マーケティング手法も進化する。新たなビジネスチャンスを開拓する先進企業を追った。

(小笠原 啓)


【無料】サンプル版を差し上げます 本記事は日経コンピュータ6月21日号からの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。本「特集」の全文をお読みいただける【無料】サンプル版を差し上げます。お申込みはこちらでお受けしています。 なお本号のご購入はバックナンバーをご利用ください。

 スマートフォンを持って店を訪れるだけで、30円相当のポイントがもらえる──。こんなサービスを、ビックカメラや丸井、大丸松坂屋百貨店など大手小売事業者が相次いで導入している。ITベンチャーのスポットライトが運営する「スマポ」だ()。

図●スマートフォンの位置情報サービスを活用し、来店を促す「スマポ」
ビックカメラや大丸松坂屋百貨店、丸井などが相次ぎ導入した共通ポイントサービス
[画像のクリックで拡大表示]

 スマポの特徴は、「店舗内の特定場所に、顧客を誘導できることだ」とスポットライトの柴田陽社長は指摘する。チラシやテレビCMを使って集客する手法では、顧客を店舗の入口までしか誘導できない。しかしスマポを使えば、例えば「7階のセール会場」など、ピンポイントの売場に顧客を導くことができる。

GPSとマイクを活用

 スマポの仕組みはこうだ。利用者がアプリを起動すると、スマホのGPS(全地球測位システム)が現在地を特定し、画面上に近隣の加盟店が表示される。利用者がアプリの指示に従い店内の特定場所を訪れて「チェックイン」操作をするとポイントが付与される。

 その際に使うのが、スポットライトが店舗に提供する超音波発信器だ。スマポのアプリを起動した状態で利用者が発信器に近づくと、スマホの音声マイクが超音波を検知し、チェックイン場所を通知する。「超音波の出力を制御することで、信号の到達範囲を限定できる。半径5メートル程度に限定すれば、ショッピングモールのテナントなど、隣り合った店舗が個別のクーポンを配信することができるようになる」と柴田社長は説明する。

新たな顧客に出会える

 発信器は名刺サイズで、電源さえあればどこにでも設置できる。GPSを利用できない屋内でも、販促を強化したい商品の売場に顧客を誘導することが可能になる。

 例えばビックカメラ有楽町店では、1階の携帯電話売場や4階のPC周辺機器売場など複数の場所に発信器を設置している。「商品を購入する目的がなくても、繰り返し来店してもらえる」(ビックカメラ)ため、売場作りを工夫すれば、衝動買いを誘発できるという狙いもある。

 スマポのポイントは、各加盟店の独自ポイントや商品券などに交換できる。その過程で、スマポのIDと加盟店のポイントプログラムIDを連動させる。そうすることで、スマポが蓄積する行動履歴と、各加盟店のPOS(販売時点情報管理)データを組み合わせて分析できるようになり、売場の改善につなげられる。

 さらにスマポの利用者は、ポイントを効率的に取得することを目的に、近隣の店舗を回遊する傾向が強い。これにより大丸松坂屋百貨店は、「スマホをよく利用する若者など、百貨店が取り切れていない顧客の開拓につながる」(広報)と期待する。通常では出会えなかった顧客に、スマポを使えばリーチできる可能性が高まる。


続きは日経コンピュータ6月21日号をお読み下さい。この号のご購入はバックナンバーをご利用ください。


出典:2012年6月21日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。