コンシューマー(消費者)向けITの考え方を企業ITに生かす「コンシューマライゼーション」が、日々の業務を変えつつある。社員の生産性や仕事への満足度を高める手段として、これまでにない成果を上げ始めた。

(浅川 直輝)


【無料】サンプル版を差し上げます 本記事は日経コンピュータ1月5日号からの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。本「特集」の全文をお読みいただける【無料】サンプル版を差し上げます。お申込みはこちらでお受けしています。 なお本号のご購入はバックナンバーをご利用ください。

 2011年10月、タイは史上空前の洪水に見舞われていた。首都バンコクの中心部も冠水し、市民は不便な生活を強いられた。バンコクに本社を持つ楽天のタイ子会社、タラッド ドット コムの社員も洪水の被害にさらされていた。

 そんな折、楽天グループが利用する企業向けSNS(ソーシャル・ネットワークキング・サービス)である「Yammer」に、楽天グループから続々と応援の写真が投稿された。日本だけでなく、米国、ドイツ、フランス、世界各国の楽天グループ企業から応援の写真が寄せられる。世界中からの応援に心を動かされたタラッドの社員は、励ましのメッセージに感謝する写真を投稿した(写真)。

写真●Facebookに似た「Yammer」で国内外グループ企業の結束を高める
写真●Facebookに似た「Yammer」で国内外グループ企業の結束を高める
洪水に見舞われたタイ子会社に日本の楽天グループが応援の写真を送る

 Yammerは米ヤマーが運営するSNSで、コンシューマー(消費者)向けソーシャルメディアの「Facebook」や「Twitter」とよく似た機能を持つ。テキストに加え写真や動画を投稿し、互いに共有できる。社員全体にメッセージを発信できるほか、社員同士でフォロー、フォロワーの関係になれる。

 楽天がYammerを正式に採用したのは2011年3月のことだ。2010年夏頃から社内の有志がYammerを活用していたが、3月11日の東日本大震災を機に、在宅時にも社員の勤怠管理ができる仕組みとして正式に導入。現在では海外子会社を含め、楽天グループ約7000人が有料アカウントを持ち、M&A(合併・買収)で拡大した楽天グループを束ねている。

Kinectで脳外科手術を支援

 東京女子医科大学のある手術施設には、家庭用ゲーム機「Xbox 360」の周辺機器である「Kinect」が設置されている。摘出する脳腫瘍の位置や形状を特定するのに必要なMRI(磁気共鳴画像装置)の画像を、手を振る、手を回すといった動作だけで選択、閲覧できるようにするためだ。

 Kinectは、2次元の画像に加え奥行きの情報も取得できるセンサーを備える。Kinectは一般にはXbox 360の周辺機器として、体の動きに合わせて画面内のプレイヤーが動くような体感型ゲームに使う。東京女子医科大学 先端生命医科学研究所の吉光喜太郎特任助教はKinectをPCにつなぎ、ジェスチャーで医療画像ビューアーを操作できるアプリケーションを開発した。

 執刀医は常に術野で電気メスや吸引器を握っており、席を離れてPCを操作することはできない。感染を防ぐため、マウスなど他の機器に触れるのも可能な限り避ける必要がある。このため、手振りなどのジェスチャーを読み取れるKinectは、執刀医には最適なユーザーインタフェース(UI)だ。システムを開発した吉光氏は「1分1秒を争う手術の際に、スタッフに『この画像を出して』といちいち指示する余裕はない。Kinectを使えば、ストレスなく画像を選択できる」と語る。


続きは日経コンピュータ1月5日号をお読み下さい。この号のご購入はバックナンバーをご利用ください。


出典:2012年1月5日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。