閉じる

動かないコンピュータ

日経コンピュータ

目次

  • ベンダーの技術力に異議あり

     本来プロであるべきベンダーに、技術を知らない技術者がいることは否定できない。とはいえ、ベンダーは自らの利益を追求するもの。雇っている技術者をプロジェクトに参加させるのは当然のことである。動かないコンピュータを減らそうと考えるのであれば、ユーザーはやはりベンダーのシステム開発力をきちんと評価して、問…

  • 「オープンソースの不具合で動かないコンピュータ」への読者の反論から考える

     今回の動かないコンピュータ・フォーラムは、本誌5月19日号の「誤算の検証 動かないコンピュータ」に対して寄せられた、読者のメールから考える。「オープンソースのソフトに問題があったかのようなタイトル」については大いに反省した上で、「基礎的な知識のない技術者が開発に携わる」ことがなぜ起きてしまうのか、…

  • 「下請けは不可欠」に甘えてはいけない

     システムの開発や運用において、下請け会社の利用は避けられない。しかし、下請けの利用が当然だからといって、無反省に現状を受け入れてはならないだろう。発注者や元請けのリスク管理体制の欠如、入札制度の不備、品質よりリストラを優先するベンダーの姿勢など、で現状を変える努力をしていかなければ、第二、第三の防…

  • 防衛庁データ流出事件裁判で残った謎を考える

     今回の動かないコンピュータ・フォーラムでは、いわゆる防衛庁データ流出事件について、今だからこそ分かる事実を含めて再度問題を提起したい。この事件にも「動かないコンピュータ」にかかわる重要な問題があると思うからだ。

  • リストラで増える「動かないコンピュータ」

     読者からも「国産メーカーのリストラが、動かないコンピュータの増加に影響している」とのご指摘が集まった。国産メーカーは2002年度決算で業績を回復させたが、経験豊富な技術者をいかに生かしていくのかについては、残念ながら何も聞こえてこない。

  • 国産コンピュータ・メーカーのリストラの影響を考える

     近年、日本の大手コンピュータ・メーカーは相次いで大規模なリストラを敢行した。確かにリストラはメーカーの収益を回復させる効果があるが、ユーザーのシステムを構築するという点では、マイナスの影響をもたらしているのではないだろうか。

  • 動かないコンピュータ・フォーラムの主旨と参加ルール

     読者の知恵と経験を集め、動かないコンピュータに闘いを挑むフォーラム。参加ルールを一部変更しました

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る