選ばれたテスターたちが,VistaとWindows Server 2008のService Pack(SP)2ベータへの招待状を受け取っていると伝えている。

 SP2の招待状の提供を最初に伝えたのはNeowinであった。ほかのテスターも今はその報道を認めている。新サービスパックのためのさらに広範なSP2ベータは今後4週間内に開始される見込みであるとNeowinは述べている。

 筆者が最近指摘したとおり,選ばれたごく僅かな数のテスターはすでに,Vista SP2のテストビルドを手にしている(Windows Server 2008も入手しているかは定かでない)。

 Microsoftの目標は,同社がWindows 7をリリースする前に両SP2の最終バージョンを提供することであると聞いている。Windows 7は2009年後半に製造工程向けリリース(RTM)される見込みである。Microsoftの考えはこうだ:次期サービスパックを,次のWindowsクライアントとサーバのフルリリースの前に出すことで,顧客の混乱を緩和することができる。

 Neowinによると,Vista SP2は「Windows Search 4」,VIAの64ビットCPUおよびBluetoothのサポートを取り入れる予定であるという。Windows Server 2008 SP2は後方互換性を特色とし,Terminal Servicesライセンシングキーや多様なパフォーマンスまたは管理可能性機能を備えるという。(Microsoftはまた,Hyper-VをWindows Server 2008 SP2に取り入れるとも筆者は聞いている。)

 MicrosoftはいずれのSP2に関してもタイミングと機能についてはコメントしていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事