新たな脅威として企業に忍び寄る「Webからの脅威」。
しかし,恐れていてばかりでは何も始まりません。「敵を知り,己を知れば,百戦危うからず」。
どれだけの知識があるのか,まずは簡単なクイズに挑戦しませんか。

Q1 「Webからの脅威」の手口のうち,間違っているものは次のうちどれでしょう。
Webで自らをアップデートするタイプ
Webから自動的にダウンロードされるタイプ
Web上でセカンドライフを満喫するタイプ

Q2 社内と社外の境界線ともなる,ネットワーク上の出入り口となる部分を何と呼ぶでしょう。
ゲートウェイ
セキュリティゲート
ブロードウェイ

Q3 エンドポイントのセキュリティ強化が求められる理由は,次のうちどれでしょう。
外出先で作業を行うワークスタイルが一般化してきたから
ウイルス対策は,エンドポイントさえやっていれば十分だから
シンクライアント環境の構築にはお金がかかるから

Q4 ファイル共有ソフトで感染を広げ,個人や企業の所有するパソコン中の情報を流出させるウイルスを何と呼ぶでしょうか。
Winnyウイルス
ノロウイルス
ブルースウイルス

Q5 「Webからの脅威」に対応するためにトレンドマイクロが提供しているオプションサービスとは?
Webセキュリティサービス
Webシークレットサービス
Webボリショイサーカス

Q6 Webレピュテーションサービス用のデータベースに登録されているドメイン数は,2007年12月現在,どれくらいの数になるでしょうか。
約1億
約2億
約3億

Q7 パソコンを使うユーザの行動や個人情報などを収集したり,CPUリソースなどを勝手に借用するアプリケーションソフトは何というでしょう。
スパイウエア
スパイラルウエア
酢ッパイウエア

Q8 ウイルスやスパイウエアを安全・確実にクライアントPCから除去する,トレンドマイクロのサービスはどれでしょう。
ダメージクリーンナップサービス
ディスククリーンナップサービス
クリーンナップクリーンミセス

Q9 OSのサービスレイヤの一部を改変することで,ウイルス等の感染やその活動を隠蔽するプログラムは何でしょう。
ルートキット
テクノキット
アシタコソキット

Q10 導入後でもソフトウエア本体のバージョンアップをすることなく容易に機能追加ができる仕組みのことを何というでしょうか。
プラグイン対応フレームワーク
スロウイン対応フレームワーク
ズームイン対応フレームワーク