システム障害の原因解析のため,障害が発生したときのメモリー上のデータをディスクにファイル(ダンプ・ファイル)として保存すること。そのデータ自体もメモリー・ダンプという。