閉じる

Networkキーワード

Networkキーワード
ITpro

目次

  • マルチキャスト

     マルチキャストはパケット送信方法の1つで、あらかじめ指定した複数の端末に一斉にパケットを送信すること。これに対して、端末を1つだけ指定してパケットを送信するのをユニキャスト、不特定多数の端末に一斉にパケットを送るのをブロードキャストと呼ぶ。

  • ビットコイン

     ビットコインは、「中本 哲史」(ナカモト サトシ)名義の論文に基づいて開発された仮想通貨。実体は電子データであり、SuicaやEdyといった電子マネーに近い。ただし発行主体がなく、誰も通貨としての価値を担保していない点が大きく異なる。

  • デフォルトルート

     デフォルトルートは、ルーティングテーブルにない宛先用の特殊な経路のこと。次にパケットを送る先がルーティングテーブルに明記されていない場合に、パケットを託す相手を表す。

  • 格安SIM

     格安SIM(Subscriber Identity Module)は、安価なモバイルデータ通信サービスの一種。一般に、月額1000円以下の基本料金で提供され、データ通信量や通信速度に一定の制限が設けられているデータ通信サービスを指す。携帯電話事業者から携帯電話のネットワークを借りてサービスを提供す…

  • NICチーミング

     NICチーミングとは、コンピュータやネットワーク機器が備える複数のネットワーク・インタフェース・カード(NIC:ニック)を、1つのNICとして使えるようにする技術である。複数の物理NICを論理的な1つのNICとして使って、ネットワークインタフェース部分を冗長化して耐障害性を高める。

  • Click

     Clickは、ネットワーク機器をパソコン上で再現するソフトウエア。正式名称は「Click Modular Router」で、マサチューセッツ工科大学(MIT)のエディー・コーラー氏(現在はハーバード大学に所属)が開発した。http://read.cs.ucla.edu/click/などで無償で配布…

  • ハッシュ

     ハッシュは、メッセージを特定するための暗号化技術である。受信者がメッセージを受け取ったときに、通信経路上で改ざんされていないか、受け取ったデータが壊れていないかを確認するために使う。コンピュータネットワークでは、MD5やSHA-1といったハッシュが使われる。

  • Kerberos認証

     Kerberos認証とは、ネットワーク越しでアクセスするユーザーを認証するプロトコルである。仕様は、RFC4120やRFC4121で規定される。マイクロソフトのActive Directoryなどが対応している。

  • ゼロデイ脆弱性

     ゼロデイ脆弱性は、OSやアプリケーションといったソフトウエアの不具合や欠陥(脆弱性)のなかで修正プログラムが提供されていないものを指す。

  • シングルサインオン

     シングルサインオンとは、1回の認証手続きで複数のOSやアプリケーション、サービスなどにアクセスできること。または、それを実現するシステムを指す。企業システムやクラウドサービスなどで、ユーザーやITシステム管理者の運用・管理の手間を省くために採用されることが多い。

  • 検疫ネットワーク

     検疫ネットワークは、ネットワークのセキュリティを確保する手段の一つ。主に社内ネットワークなど、外から持ち込んだパソコンが頻繁につながれる環境で用いられる。

  • MAM

     MAMは、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスにインストールしたアプリケーションを管理する仕組みである。主に業務で使用するアプリケーションで扱っているデータが流出するのを防ぐために使われる。米シトリックス・システムズの「XenMobile App Edition」や米モバイルアイア…

  • MTU

     MTUは1回の転送で送信できるパケットの最大容量を示す。イーサネットやIP、CIFSなど様々な階層のプロトコルで独立して定められており、例えばイーサネットのMTUは、規格上1500バイトである。IPでは個々のネットワークごとに設定が可能だ。このため、パソコンなどで「MTUを設定する」という場合、一…

  • リモートアクセス

     リモートアクセスとは、ノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末などのクライアントから、遠隔のコンピュータにネットワーク経由で接続すること。外出先や自宅から社内LANに接続し、メールを見たり、社内システムを操作したりできる。このとき、ユーザーを認証したり、通信を暗号化したりするVPN(Virt…

  • クラウドストレージ

     クラウドストレージとは、サービス事業者が貸し出す、インターネット上(クラウド)にあるストレージのこと。オンラインストレージとも呼ばれる。

  • コリジョン

     コリジョン(collision)とは、イーサネットや無線LANのフレームが衝突すること。衝突するとフレームを届けるための電気信号が乱れて、通信できない可能性がある。

  • tracert

     tracertとは、実行するコンピュータから通信相手までの経路上にあるルーターを一覧表示するコマンドである。実行結果を見れば、送り出したパケットが通信相手までどのような経路を通ってたどり着くかがわかる。また、経路上にある各ルーターまでの応答時間も表示する。

  • 4G

     携帯電話など移動体通信方式の「世代」(Generation)は、ITU(国際電気通信連合)が定めた、目指す速度や利用する周波数、採用する要素技術の違いなど様々な要件による区分のこと。「4G」とはつまり、第4世代という意味である。

  • OSI基本参照モデル

     OSI基本参照モデルは、7階層から構成されるネットワークアーキテクチャーのモデルのこと。1984年に標準化された。国際標準化機構(ISO)が標準プロトコル体系「OSI」の設計に先立ち、基本的な枠組みを定めたものである。

  • whois

     whois(フーイズ)は、ドメイン名、IPアドレスといった、インターネット資源に関する情報を検索できるサービス。インターネット関連のトラブルが発生したときなどに使える。例えば、特定のIPアドレスから不審なパケットが流れてきた場合に、whoisを引けばそのIPアドレスの管理者がわかる。これが問題解決…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る