閉じる

Networkキーワード

Networkキーワード
ITpro

目次

  • デジタル変調

     デジタル変調とは、情報をデジタル信号に載せて伝送するために必要な処理を指す。処理にあたっては、データを表す0と1のデジタル信号に加えて、「搬送波」という高い周波数の波を用意する。デジタル信号のオン・オフに合わせて搬送波を変化させて、データを表現する。

  • インジェクション攻撃

     インジェクション攻撃とは、攻撃者がサーバーに、データベースを操作するSQL文やコマンド、JavaScriptジャバスクリプトといったスクリプト文などを送って、想定外の動作をさせる攻撃を指す。主に、インターネット上に公開したサーバーに対して行われる。

  • 技術基準適合証明

     小規模な無線局が、日本国内で利用できる技術基準に適合していることの証明。「郵便マークに丸とギザギザが付いた印」が、その認証を受けていることを示す「技術適合マーク」(通称「技適」)である。総務省の基準である「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のどちらか、または両方の認証を受けたことを証明する。…

  • MIME

     MIMEは、インターネットの電子メールで多様なデータを扱うための規格。RFC2045~2049で規定されている。MIMEを利用することで、非英語圏のテキストや添付ファイルをメールで表現できる。

  • QUIC

     QUIC(Quick UDP Internet Connections)は、米グーグルがWebアクセスの高速化のために開発した通信技術。HTTPのデータを運ぶ下位プロトコルとして、TCPの代わりにUDPを使う。特にモバイル環境のような帯域やRTT(ラウンドトリップ時間)が不安定で、パケットロスが多…

  • レイヤー2接続

     MVNO(Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)は自社のネットワークを携帯電話事業者(MNO:Mobile Network Operator)のネットワークと接続してサービスを実現している。その際の接続形態の1つが「レイヤー2接続」(L2接続)だ。

  • VRRP

     VRRPはVirtual Router Redundancy Protocolの略で、レイヤー3レベルで機器を冗長化するプロトコル。VRRPでは複数のルーター(またはレイヤー3スイッチ)をセットで利用し、各ルーターをマスター/スタンバイのどちらかに位置付ける。平常時はマスターの機器で通信し、マスタ…

  • タグフレーム

     タグフレームは、「タグ」と呼ばれる情報をヘッダーに追加したイーサネットフレームの一種である。VLAN方式の一種であるタグVLANで使われる。VLANとは、LANをレイヤー2レベルで複数のセグメントに分割したり統合したりする技術である。

  • イーサネット

    イーサネットは、LANを実現するための伝送技術の1つ。現在、有線のLANはほぼすべてイーサネットで実現されており、LANの代名詞とも呼べる存在となっている。LAN以外にも、アクセス回線やプロバイダーのバックボーンなど、利用する場所は広がっている。

  • ホワイトボックススイッチ

     ホワイトボックススイッチは、ネットワークで使うスイッチ製品の一種。スイッチのハードウエア部分だけの製品を指す。スイッチに搭載するOSやアプリケーションといったソフトウエア部分は、スイッチを使うユーザー企業が自分で選んで導入するか、自社開発する。ハードウエアとソフトウエアをユーザーが選んで組み合わせ…

  • SMB

     SMB(Server Message Block)は、Windowsで主としてファイルとプリンターの共有に使われるリソース共有プロトコルである。基本はクライアントからの要求にサーバーが答えるクライアント-サーバー型の動作モデルで、サーバーにあるリソースをクライアントに向けて公開する。

  • 呼制御

    呼制御は、電話をかけたり切ったりするための一連の処理を指す。まず発信側の電話アプリで、通話したい相手の電話番号をダイヤルする。これにより相手の電話アプリで呼び出し音が鳴ったり、スマートフォンが振動したりする。自分の電話アプリでは、待ち受け音が鳴る。相手が電話に出ると、電話アプリ間で回線(セッション)…

  • メトリック

     メトリックとは、コンピュータネットワークで宛先までのパス(経路)の「距離」を示す指標である。送信元から宛先までに複数のパスが存在する場合、IP通信においては、パスごとのメトリックを比較し、通常は最も近いパスを使って通信データが届くことになっている。ここでいう距離とは、送信元から宛先までの物理的な長…

  • ウエルノウンポート

     ポート番号のなかで、通信プロトコルがあらかじめ割り当てられており、よく使われるもの。ウエルノウン(Well-known)とは、「よく知られた」という意味である。

  • 経路情報

     経路情報は、ルーターやパソコンがパケットを受け取った際、どの接続ポートの先にあるネットワークへ送り出すかを決めるために利用する情報の総称。

  • MITB攻撃

     MITB(Man-In-The-Browser)攻撃とは、Webブラウザーで銀行の手続きを実行するオンラインバンキングの情報を盗聴したり、不正操作したりする攻撃を指す。攻撃者はウイルスを使って偽の画面を作り出し、不正操作に必要な情報を入力させたり、通信の内容を改ざんして不正送金を実行したりする。

  • Bluetooth

     Bluetoothは、2.4GHz帯を利用した短距離無線通信規格である。パソコンとその周辺機器、携帯電話端末やスマートフォン、ヘッドセット、センサーデバイスなど、幅広い分野で使われている。

  • ウイルスゲートウエイ

     ウイルスゲートウエイはネットワークに侵入するウイルスを検知し、事前に排除する目的で使われる。UTM(Unified Threat Management)や次世代ファイアウオール、セキュアプロキシーなどの統合型のセキュリティ機器が備える機能の1つ。

  • NTP

     NTP(Network Time Protocol)は、コンピュータ(クライアント)が管理している時計の時刻を、ネットワークを通じて別のコンピュータ(サーバー)と同期するための通信プロトコルである。クライアントはサーバーに時刻を問い合わせ、その応答を使って時刻を修正する。

  • ルートサーバー

     プロバイダーやコンテンツ事業者などの相互接続を簡単にするためのサーバー。AS(Autonomous System)と呼ばれる単位のネットワークを結び付ける。このルートサーバーは「Route Server」であり、DNSのルートサーバー(Root Server)とは異なる。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

もっと見る