ソフトバンクグループでGoogle Appsの導入を担当した内山敏氏、諸岡みどり氏、津乗伸治氏(左から)
ソフトバンクグループでGoogle Appsの導入を担当した内山敏氏、諸岡みどり氏、津乗伸治氏(左から)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクグループの通信3社(ソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクBB)は2011年末までに、約2万6000人の全社員が使う社内メールシステムを米グーグルのクラウドコンピューティングサービス「Google Apps(Gmail、キーワード解説記事)」に全面移行する。日本企業が社内向けにGmailを活用する事例は他にもあるが(関連記事1関連記事2)、ソフトバンクの導入は最大規模になる。

 全社員への導入を円滑に進めるため、まず2011年2月から、営業担当者を中心とした約2000人を対象にパイロット導入している。その後、順次利用対象を拡大し、2011年10月から全社員約2万6000人の利用を開始。12月末までの3カ月間は、自社のデータセンターで運用している従来のメールシステム(米マイクロソフトのExchange Server)も並行利用できるが、2012年1月にこれを停止する。2012年9月末までには、サーバー自体も停止する方針だ。

 ソフトバンク社員は、自席のパソコンや、外出先では社員に配布されているiPhoneやiPadなどからGmailに接続して、電子メールを受信・発信できる。VPN(仮想閉域網)に接続していれば社外のパソコンからも利用できるが、自宅のパソコンなどからの接続はできない設定にし、セキュリティー水準を保っている。

コストは従来の範囲内

 ソフトバンクは1人当たり年間6000円(全社員で約1億5600万円)の利用料金を米グーグルに支払う。ソフトバンクは自前でデータセンターを保有しており、そこでメールシステムも運用していたが、これを米グーグルのデータセンターへと移すことになる。コストは「従来のコストの範囲内に収まる」(ソフトバンクテレコム情報システム本部ITサービス統括部サービスデリバリ部の諸岡みどり部長)と見ており、通信事業者ではない一般企業に比べればコスト削減効果は薄い。

 一方で、費用対効果は既存システムより高いと考えている。電子メールの保存容量制限が1人当たり1ギガバイトから25ギガバイトまで増え、使い勝手が良くなる。ソフトバンクの自社データセンターは東日本大震災では被災しなかったが、「国内で再度大地震が発生した場合でも、西日本と東日本でインターネットにつながる回線さえ生きていれば、システムの機能を維持できる」(ソフトバンクモバイル情報システム本部コミュニケーションサービス統括部サービスデリバリ部CIサービス課の津乗伸治課長)というメリットも評価した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら