オフィスグリコの箱。オフィスに置き、グリコのスタッフが補充と貯金箱にたまった代金の回収を行う
写真撮影:竹内 由美子
[画像のクリックで拡大表示]

 江崎グリコはオフィス向け菓子直販事業のオフィスグリコに関連したビジネスモデル特許を成立させたことをこのほど明らかにした。

 オフィスグリコは、グリコがオフィスに設置した箱に菓子類を補充し、利用者は食べた分だけ1個100円を貯金箱に入れる。グリコはこの代金を回収する。

 今回取得した特許はこのビジネスモデルの根幹にかかわるもの。特許(特許番号第3986057号)の名称は「商品ボックス管理装置、商品ボックス管理システムおよびプログラム」で、2002年に出願していた。特許権者は江崎グリコ、発明者はオフィスグリコ事業を立ち上げにかかわった佐藤弘成氏と相川昌也氏である。

 オフィスグリコでは、賞味期限や在庫水準などを考慮しつつ、利用者にとっていつも違う商品が入っていると感じられるように独自の法則に沿って商品を入れ替えている。特許取得には新規性が求められるが、オフィスグリコの特許でも、「デジタル値札が付いたスーパーの棚と似ているのではないか」といった指摘を受けつつ、特許庁からの2回の「拒絶」を経て成立にこぎつけた。

オフィスグリコ推進部の相川昌也本部統括マネージャー

 現在、オフィスグリコ推進部本部統括マネージャーを務める相川氏は「オフィスでは(店舗などと違い)人が動かないため、代わりに商品を動かすことを法則化した。この特許自体で収益を上げるつもりはないが、一定の参入障壁にはなると思う」と話す。

 同種のオフィス向け菓子直販事業にはほかの大手菓子メーカーなども参入しているが、グリコと同様の管理手法を無断で使うことはできなくなる。