日本最大の学生数を誇る日本大学(以下,日大)が2007年4月,米グーグルが提供するSaaSサービス「Google Apps Education Edition」を採用した。

 Google Appsはグーグルが提供する各種サービスを独自ドメインで運用できるようにするもの。Webメール・サービス「Gmail」やチャット・サービス「Googleトーク」,スケジュール帳サービス「Googleカレンダー」,文書・表の作成/保存サービス「文書とスプレッドシート」,簡易Webページ公開サービス「Google Page Creator」,ユーザーごとのポータル・ページを作る「My Start Page」が利用できる。日大ではGoogle Page CreatorとMy Start Page以外を利用する。

 4月時点で利用可能になったのは,7学部,約3万人の学生。順次対応学部を増やし,最終的には全14学部,約10万人の学生に提供する予定である。

14学部ばらばらの運用を是正

写真1●日本大学総合学術情報センター情報企画課の吉田誠課長(右)とシステム管理課の小野浩樹課長補佐(左)
写真1●日本大学総合学術情報センター情報企画課の吉田誠課長(右)とシステム管理課の小野浩樹課長補佐(左)

 日大がGoogle Appsを導入したのは「全学部で共通のメール基盤を構築したかったから」(総合学術情報センター情報企画課の吉田誠課長)である(写真1)。共通のメール基盤にすることで,学生へのサービスを均一化し,コストの削減とセキュリティの強化を実現するのが狙いだった。

 まず,学生サービスの面では,これまで学部ごとにメールの提供形態に差があった。メールの運用は学部ごとに独立しており,運用ルールもばらばらだった。例えば,ある学部では全員にメール・アカウントを配布していたのに対し,ほかの学部では申請した学生にだけアカウントを発行していた。

 14学部がそれぞれメール・サーバーを運用している形態は,1カ所で提供する方法よりコストがかかる。しかも学部ごとに運用ルールが違うので,セキュリティ・レベルもばらばらだった。

 これらを解消するべく,2006年9月に共通基盤開発のためのワーキング・グループを結成した。「この時点では独自にメール・サーバーを構築することを考えており,Google Appsの話はなかった」(吉田課長)。ただし,「学生の利用の容易さを考えてWebメールであることと,携帯電話からも利用できるようにすることは考えていた」(総合学術情報センターシステム管理課の小野浩樹課長補佐)という。

年間2億円を削減

 そんな折,グーグルが大学向けのGoogle Apps Education Editionサービスを開始したのをWebニュースで知る。2006年10月にグーグルの日本法人にコンタクト。とんとん拍子に話が進み,2006年11月にGoogle Appsでメール・システムを構築することに最終決定した。「セキュリティの確保,保守料金の削減,Webメール,携帯電話での利用という,こちらの思っていた条件がすべて満たされていた」(小野課長補佐)という。「GoogleトークやカレンダーなどのサービスはGmailを使おうと思ったら付いてきた」(同)というのが本当のところだ。

 Google Apps Education Editionのベータ期間中に協力したということで利用料金は無料だった。これまで14学部のメール・サーバーの運用に年間約2億円かかっていた。Google Appsに全面移行した後は,この運用経費がまるまる浮くことになる。

アカウントの同期システムを自作

 Google Appsに対応するための準備作業は二つあった。一つは,日大のドメインあてのメールがGmailのメール・サーバーに転送されるようにするためのDNSレコードの追加。もう一つはGmailと学内のメール・アカウント情報を同期させる「メール・アカウント管理システム」の開発である。

 前者のDNSレコードの追加では,今回採用するメール・アドレス用のドメイン名である「g.nihon-u.ac.jp」あてのメールはすべて「aspmx.l.google.com」というコンピュータに送るようにMXレコードを記述した(図1)。

図1●日本大学のメール・システム「NU-MailG」を運用するためのDNSの設定
図1●日本大学のメール・システム「NU-MailG」を運用するためのDNSの設定
日本大学のDNSサーバーにGoogleをあて先とするMXレコードを登録することで,日本大学の独自ドメインのメール・システムをGmail上に実現した。  [画像のクリックで拡大表示]

 後者については,パスワード,学籍番号や名前,学部,学年,在学/停学/退学などのステータスをメール・アカウントにひも付けたデータベースを管理システムの基盤とした。このデータベースに変更があった場合は動的にGmailのアカウント情報を更新する(図2)。また,学生がGmailサイトでパスワードを変更した場合は,その情報を管理システムに反映させている。

図2●NU-MailGシステムの全体像
図2●NU-MailGシステムの全体像
Gmailを連携させる「メール・アカウント管理システム」を新規構築した。  [画像のクリックで拡大表示]

 データベースとGmailの同期は,グーグルがインターネット上で公開しているXMLベースのAPIを使うことで実現した。Gmailのメール・アカウントを作成/削除したり,メールの送受信を禁止したりできる。またグーグルから日大へのパスワード通知は,グーグルのシングル・サインオン・サービスを流用した。

導入決断から2カ月半で稼動へ

 メール・アカウント管理システムの開発に費やした時間が2カ月半。これは選定から稼動までの期間でもある。

 開発・導入時に特別な混乱はなかった。ただ,「メール・アカウントの登録に時間がかかり,3万件登録するのに,3日半かかった」(小野課長補佐)。これはグーグルが不正アクセス対策を目的に,アカウントの登録に時間がかかるようにしていたため。現在は,グーグルの技術スタッフとの交渉で素早い登録が可能になっている。

 Gmail以外のGoogle Appsの利用は,今後の検討課題である。学校行事や休講などをGoogleカレンダーで告知するといったことも考えられるが,今のところ計画はない。「システム部門が押し付けがましく使い方を考えるより,Web 2.0らしく,サービスを使っている学生や教職員からの声を集め,どのように使うべきかを模索したい」(小野課長補佐)と考えている。

出典:日経コミュニケーション 2007年6月1日号 76ページより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。