米マイクロソフトは2014年4月、Windows 8.1向けの最新アップデート版「Windows 8.1 Update」を提供開始した(関連記事)。Windows 8.1 Updateでは、キーボードやマウスを利用するユーザーの使い勝手を向上させたという。Windows 8.1 Updateでの機能強化や、法人市場向けのWindowsの取り組みについて、米マイクロソフトのWindows Commercial担当ゼネラルマネージャーであるアーウィン・ヴィッサー氏に話を聞いた。

(聞き手は井原 敏宏=日経コンピュータ


写真●米マイクロソフトWindows Commercial担当ゼネラルマネージャーのアーウィン・ヴィッサー氏
[画像のクリックで拡大表示]

Windows 8.1 UpdateはWindows 8.1のリリースから約半年で登場した。8.1に対するフィードバックを受けてどのような機能強化をしたのか?

 大きく3つある。1つめはハードウエア面での改善だ。OEMパートナー向けの最低動作要件を緩和し、1GBのメモリーと16GBのストレージで済むようになった。これにより、米国では200ドルを切る小型タブレットが登場するなど、価格競争力が増した。

 2つめはユーザビリティだ。ユーザーからの要望を参照しながら、マウスやキーボードでの操作性を改善した。スタート画面に電源ボタンや検索ボタンを配置し、右クリックメニューが表示可能になった。Windowsストアアプリをデスクトップ画面のタスクバーにピン留めできるようにもした。

 3つめは企業向けの機能強化だ。Internet Explorer(IE) 11に、IE 8として動作する機能「エンタープライズモード」を追加した。他にもモバイルデバイス管理(MDM)機能の強化や、Windowsストアを経由せずにWindowsストアアプリをインストールできる「サイドローディング」に関する規制を緩和した。

マウスやキーボードでの操作性の改善は、タッチ操作を重視したWindows 8の考え方からすると後退ではないか?

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら