日本人が米シリコンバレーで起業し、日本に進出するという一風変わった道を歩む米トレジャーデータ。同社はビッグデータの活用基盤をクラウドサービスとして提供する。良品計画や回転寿司チェーンのあきんどスシローなどが顧客に名を連ねる。同社でマーケティングとPR戦略を統括するリッチ・ギオッシ氏は「“玄人”にしか使えなかったものを“素人”が使えるところまで持っていく」と力を込める。

(聞き手は山端 宏実=日経情報ストラテジー


米トレジャーデータ VP of Marketing リッチ・ギオッシ氏
米トレジャーデータ VP of Marketing リッチ・ギオッシ氏

まだトレジャーデータに入社して日が浅いそうですね。

 前職の会社が買収され、「次は何をしようか」と考えていた時に、(ビジネス特化型SNS=ソーシャル・ネットワーキング・サービスの)「LinkedIn(リンクトイン)」にトレジャーデータのマネジャーからメッセージが来た。まずコーヒー1杯から、3週間後にはトレジャーデータで働いていた(笑)。

トレジャーデータのビジネスの現状は。

 私が入社した当時、有償顧客の数は30~35社だったが、今では100社を超えた。業種は幅広く、グリーやクックパッド、良品計画、スシローが我々のお客様だ。お客様から預かるデータの量は、私が入社した頃は1兆レコードに満たなかったが、現在は3兆レコードを超えている。従業員数も約2倍になって、会社として、チームとしてうまく機能している。シリコンバレーと日本の“いいとこ取り”ができている。

トレジャーデータの強みは何か。

 技術を1つひとつ切り出すのではなく、サービスとして一体で提供しているところだ。企業のデータ活用プロジェクトで最も時間がかかるのは、個々の要素技術を検証して、それらをつなぎ合わせて、自分たちの用途に合うようにカスタマイズするところ。我々は、今までは“玄人”にしか使えなかったものを“素人”が使えるところまで持っていくつもりだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら