米Marvell Technology Groupは2014年3月18日、同社が3月7日に米国で発表し、現在開発中の新製品「Kinoma Create」の開発者向けイベント「Kinoma Create MeetUp」を都内で開催した。

 Kinoma Createはバッテリーで動作する半完成品の小型コンピュータで、個人の開発者が「デジタル電子工作」の素材として活用する使い方を想定する(関連記事:新しいデジタル機器の開発スタイルに、Webアプリ開発者を取り込みたい)。

 この開発者イベントに参加したGMOインターネットで特命担当 技術分析官を務める技術者、新里 祐教氏に製品の率直な感想を聞いてみた。新里氏は、デジタル電子工作の愛好家が集まるイベント「Maker Faire」に古くから個人で参加する出展常連で、最近は国内だけでなく、米国やアジアのMaker Faireにも出展者として参加するなど、まさにこの製品が狙う開発者像に近いからだ。

(聞き手は山田 剛良=日経NETWORK


まずはイベントの感想を聞かせて下さい。参加されてどうでした?

Kinoma Create MeetUpで説明する米Marvell Technology Groupのピーター・ハディ氏(中央)
[画像のクリックで拡大表示]

 非常に楽しかったですね。小さい会場でしたが2部屋いっぱいに人が集まって、とてつもなく大盛況でした。部屋に入りきれず、外から見ている人もいました。説明に来ていたMarvellの開発者はきっと、かなりの手応えを感じたと思います。

 僕自身は「Raspberry Pi」(手のひらサイズで約4000円と格安のPCボード、関連記事)のようなボードコンピュータに全く抵抗がないんですが、(ソフトウエア専門の)Webの開発者だと、Raspberry Piに興味があるけど触ったことがない、どう使えばよいのか分からない、みたいな人も多いですからね。今回のイベントにもそういう人が半分くらいはいたようで、僕の周りでは「この値段(予約価格99ドル)ならポチっちゃう(購入する)」との声が方々から聞こえました。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら