「もはや、体力勝負のSIモデルは限界だ」――。JISA副会長、横塚裕志氏の主張は明快だ。日本のIT業界に足りないところは何か、どのような方向に舵を切るべきか、横塚氏に聞いた。

(聞き手は浅川 直輝=日経コンピュータ


多重下請け、過剰なカスタマイズに代表される、今の国内SI(システムインテグレーション)モデルの限界が指摘されている。

情報サービス産業協会(JISA)副会長 横塚 裕志氏
[画像のクリックで拡大表示]

 多重下請けは、一時と比べればかなり崩れてきている。既に首都圏の大手ITベンダーには、地方の協力会社を食わせる余裕がなくなっている。

 このため地方ITベンダーを中心に、従来の下請けの発想を切り替えるITベンダーが現れ始めている。地方では「ITで町興し」「ITで農業」など、様々なプロジェクトが動いている。

 ITベンダーの価値は今後、「体力勝負」から「頭の勝負」に変わる。ITベンダーは仕事の中身を大きく変える必要があるだろう。バックオフィスをIT化するのではなく、ITをユーザー企業のビジネスの武器にできるかが問われている。

 かつては「ユーザーが要件を決めてくれれば、その通りに作りまっせ」「パッケージも言うとおりにカスタマイズしまっせ」という商売が成立していた。だが、もう今は通用しない。頭で勝負できるITベンダーが質・量とも増えないと、情報システムを利用する日本企業は世界で勝てなくなる。

日本のITベンダーが「頭の勝負」を目指す上で、欧米と比べ明らかに改善の余地があるとすれば、どのような点か。

 設計、開発といった技術のレベルでは、日本の技術者は海外とまったくそん色ない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら