ハードウエアなどを含むシステム全体を記述するための図式言語「SysML」。2006年のOMG(Object Management Group)での策定から約8年が経過し、ようやく日本でも開発現場で利用する動きが出てきた。

 SysMLはUML(Unified Modeling Language)をベースにして策定された。システム全体を記述しやすいよう、UMLから「オブジェクト図」や「コンポジット構造図」などソフトの構造に関連する6種類の図式を省くなどし、代わりにシステムの要求を記述するための「要求図(リクワイアメント図)」、数式などを記述するための「パラメトリック図」の2種類を追加した。

 SysMLなどのモデルを用いた開発アプローチ「モデルベース・システムズエンジニアリング(MBSE:Model Based Systems Engineering)」の動向に詳しいシステムビューロ代表の内田功志氏と、SysMLツールを手掛けるチェンジビジョン代表取締役社長の平鍋健児氏に、SysMLの動向を聞いた。

(聞き手は進藤 智則=日経コンピュータ


SysMLはOMGでの策定から8年が経過したが、国内ではなかなか普及しているように見えない。どのような状況にあると見ているか。

システムビューロの内田氏(写真右)とチェンジビジョンの平鍋氏(写真左)
[画像のクリックで拡大表示]

内田氏 導入を促進するために、情報処理推進機構(IPA)ソフトウェア高信頼化センター(SEC)の「統合システムモデリング技術ワーキンググループ」が中心となってMBSEの「導入の手引き」を作成し、2013年8月に公開した。

 普及の速度が緩やかなのは確かだが、日本でも少しずつSysMLの導入評価を始めた企業が出てきている。自動車、鉄道、スマートグリッドなどのスマートシステム、防衛といった分野だ。複数のシステム同士が連携する「System of Systems」が対象になる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら