今、インターネット上にニュースがあふれている。

 新聞社、雑誌社、オンラインメディアなどのニュースサイトはもちろん、個人のブログなど様々なメディアがある。日々発信される情報量がとてつもなく多いため、すべてはとても読み切れない。また、見たい情報が常時チェックしているサイト以外にあることも多く、「まとめサイト」から読んだり、フェイスブックなどで友達がリンクしている記事を読んだりといった人も多いだろう。

 自分の興味のあるニュースを効率的に読みたい。知らないサイトからも情報をとってきてほしい――。こんなニーズが出るのは自然な流れだろう。

 スマートフォン向けのサービス「Gunosy」(グノシーと呼ぶ)は、これを実現するサービスだ。利用者は、自分が利用しているフェイスブックかツイッターを登録する。すると、これらのサービスの利用状況をGunosyが解析して、ユーザーの嗜好に合う記事を朝、夜の2回に自動配信してくれる。配信された記事をクリックすることで、ユーザーの好みを学習して、よりユーザーが興味のあるニュースが配信されるようになる。

 Gunosyは、2011年末にサービスを開始して以来、着実に利用者数を伸ばしている。開発したのは、東京大学の大学院時代から開発を始め、学生時代に起業したという25歳の福島良典CEOたちだ。福島氏に開発の背景や今どきのニュースの読み方について話を聞いた。

(聞き手は小野口哲)

Gunosyの福島良典CEO
Gunosyの福島良典CEO。Gunosyは11月に新オフィスに移転した。新オフィスは3分の2程度が、まだ空きスペースだった。現在社員は15人だが、今後30~40人前後まで増やす予定だという。(写真は菊池くらげ、以下同)

今、Gunosyを利用している人はどのくらいいるのですか?

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら