ERP(統合業務システム)大手の独SAPが、“BtoBtoCカンパニー”を目指すという戦略を打ち出している。インメモリーデータベースの「HANA」を中心に、クラウドやモバイル分野にも事業を拡大するSAPは、どんな企業に生まれ変わろうとしているのか。SAPの共同CEO(最高経営責任者)、Bill McDermott氏が2013年5月15日、米フロリダ州オーランドで開催した年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW 2013」で記者団の質問に応じた。

(聞き手は、末岡洋子=ライター兼ジャーナリスト)


独SAPの共同CEO、Bill McDemott氏
独SAPの共同CEO、Bill McDemott氏

 SAPPHIRE NOW 2013でSAPは、スポーツ&エンターテインメント業種向けに製品やソリューションを提供していくことを発表した。同社にとって25番目の業種となる。McDermott氏は、BtoBから消費者向けビジネスを支援するBtoBtoCへの事業拡大について、「技術が世界をよりよく、人々の生活を改善すると信じている」と、背景にある思想を説明する。

 McDermott氏はその具体例として、ヘルスケア業界が膨大なデータを瞬時に利用したり、患者のモバイル端末を利用してモニタリングしたりすることで、これまでになかったパーソナライズされた医療が実現されると語る。スポーツとエンターテインメントに限らず、あらゆる業種向けソリューションで、視点をコンシューマー中心に変えていくというのがSAPのメッセージだ。技術としては、パワフルなHANAだけでなく、モバイル、クラウドなどの技術も活用することになる。

 そのHANAは、SAPPHIRE直前に発表された「SAP HANA Enterprise Cloud」で大きな進化を遂げた。SAP Enterprise Cloudはプライベートクラウドとマネージドサービスを組み合わせたSAPのクラウドサービスで、SAPのデータセンターにあるHANAベースのインフラ上で業務ソフトウェアスイートの「SAP Business Suite」やBIの「SAP NetWeaver Business Warehouse」をはじめとする、HANAに対応するソフトウェアを動かすことができる。

 2010年の発表から3年が経ち、HANAはインメモリー技術を利用した高速な情報分析ツールからプラットフォーム、クラウドへと進化を遂げた。「HANA Enterprise Cloudはブレークスルーだ。顧客はオンプレミスで実装することなく、クラウドで実装し、すぐに動かすことができる」(McDermott氏)。

 なお、HANA Enterprise Cloudを利用するには“Bring Your Own License”として、HANAのライセンスが必要となる(Business Suiteを動かす場合はBusiness Suiteのライセンスも必要)。これについて、SAPの共同CEOであるJim Hagemann Snabe氏はSAPPHIRE初日の記者会見で、「多くの企業はコア機能を管理したいと思っている。(Bring Your Own Licenseモデルにより)コア機能を管理できる」と述べ、クラウドであっても自社のペースに合わせてアップグレードすることができるとメリットを説明している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら