新年度に入り、大学生向けの時間割アプリ「すごい時間割」の利用が急拡大している。東日本大震災への世界からのメッセージを集めた「Pray for Japan」の作成者としても知られる鶴田浩之氏が「まずは自分が使いたかった」という、学生の視点で開発されたアプリだ。このアプリの広がりによって「日本の教育が変わる」と期待を口にする鶴田氏に、開発のプロセスや今後の展望を聞いた。さらに、鶴田氏と協力し、大学生向けのソーシャルメディア体験イベント活動を展開するDAIGAKU GRAFFITIのスタッフに、学生へのソーシャルメディアの浸透ぶりや魅力などを聞いた。

(聞き手は、菊池 隆裕=ITpro


「すごい時間割」は、時間割管理ができるだけでなく、授業や空き時間が共通する友人が分かるなどのソーシャル機能を備えたアプリです(写真1~4)。2012年3月末までに2万人のユーザーがいると聞いています。このアプリは、いつ、どのようにして思い付いたのでしょうか?

学生向け活動「DAIGAKU GRAFFITI」の関係者 左から、鈴木悟氏(KDDIサービス企画本部 マルチアクセス&サービス企画部)、泉愛氏(DAIGAKU GRAFFITI運営事務局)、伊澤諒太氏(DAIGAKU GRAFFITI運営事務局)、鶴田 浩之氏(Labit代表取締役)、 中嶋 奈津子氏(KDDI新規ビジネス推進本部 オープンプラットフォームビジネス部)
学生向け活動「DAIGAKU GRAFFITI」の関係者 左から、鈴木悟氏(KDDIサービス企画本部 マルチアクセス&サービス企画部)、泉愛氏(DAIGAKU GRAFFITI運営事務局)、伊澤諒太氏(DAIGAKU GRAFFITI運営事務局)、鶴田 浩之氏(Labit代表取締役)、 中嶋 奈津子氏(KDDI新規ビジネス推進本部 オープンプラットフォームビジネス部)

鶴田氏:2年前から受託で開発をしていたのですが、2011年1月くらいに法人化するタイミングで、先行投資型で世の中を変えるプロダクトを作ろうと考えました。

 そのときのアイデアの一つが、この「すごい時間割」でした。時間割アプリはたくさんありましたが、自分自身が使いやすいと思えるものがなかったからです。「次の授業は何か」「教室はどこ」という基本機能が使いやすくて、なおかつ、ユーザー同士がネットワークでつながっていると面白いと思って作ることにしました。

 当初は自分の通っていた大学(慶應義塾大学)内で使えるものを考えていたのですが、同じ会社のメンバーに話したところ、やるなら日本全国、世界中で使えるものを、ということになりました。これが3月中旬くらいです。

 そこから開発を始め、6月のある日の深夜2時にプレ公開したところ、すぐに1500くらい登録がありました。Tweetしただけでこの反響だったので、準備をすればもっといけるんじゃないかと考えました。

写真1●すごい時間割のメニュー画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●自分自身の時間割を見やすく表示する
[画像のクリックで拡大表示]

Tweetだけで1500人が利用し始めたというのは、大きな反響だと思うのですが、何が要因だと思われますか?

鶴田氏:一つはタイミングです。皆がFacebookのアカウントを持って個人がつながり始めた時期でした。加えて、スマートフォンからのネットの利用も大学生の間で急速に広がりました。

 もう一つは、時間割という身近な管理ツールに目を付けたことです。大学生向けのソーシャルメディアは他にもありますが、続けるモチベーションがないものが多いと感じます。時間割という、毎日見るものを選んだのが大きかったのだと思います。

写真3●授業ごとの履修者が分かる
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●空きコマ・授業中の友人を一覧できる
[画像のクリックで拡大表示]

 時間割アプリは他にもありましたが、学生が作るアプリには完成度が高くないものが多いので、広がらずに終わってしまうものが多いように感じます。自分たちは、開発経験があるエンジニアやデザイナーをそろえて開発しているので、他との差別化ができたのでしょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら