コアックスはIP-PBXソフトを開発する米Brekeke Softwareの関連会社で、日本におけるIP-PBXおよび関連サービスの販売を担っている。同社のバイス・プレジデントである岩崎 正晴氏に、最近のIP-PBXの動向やコールセンターなどの電話関連サービスについて聞いた。

(聞き手は大谷 晃司=ITpro

IP-PBXの市場は。

コアックス バイス・プレジデントの岩崎 正晴氏
コアックス バイス・プレジデントの岩崎 正晴氏

 日本市場では、実はあまり伸びていない。IP-PBX関連のベンチャー企業のなかには撤退したところも多い。Brekeke Software(編集部注:同社は日本人が米国で起業したIP-PBXソフトの開発会社、関連記事)は米国で事業展開していたことが幸いしたのではないか。海外で市場を伸ばして、今やっと日本で認知されるような状況になってきた。コアックスでは、単にソフトを販売するのではなく、サービス展開に力を入れている。

 サービス展開とは、いわゆるSaaS、クラウドと呼ばれる形態で電話サービスを提供すること。ただし、コアックスが直接電話サービスを提供するのではなく、代理店などにIP-PBXのソフトウエアライセンスを販売している。そして代理店がユーザーに対して月額料金でコールセンターなどの電話サービスを提供する。

 国内で電話関連のSaaSを提供しているところは、自社で開発したIP-PBXを使っているか、(オープンソースのIP-PBXソフトである)Asteriskを使っているかのどちらかが多い。いずれにせよ、自社で何らかの開発をしないとSaaSが提供できない状態だ。一方、われわれはSaaSに取り組むためのソフトウエアのインフラを提供する。開発しなくても電話のSaaSができるというモデルを提供している。

どのようなソフトウエアを提供しているのか。

 Brekeke SoftwareのIP-PBXソフトをベースにした「ブレケケ・コンタクトセンター・スイート」を使う。このバージョン2.0を7月1日から販売している。インバウンド、アウトバウンド、リアルタイム情報表示、スーパーバイザー、通話録音、音声自動応答(IVR)などの機能を備えている。

 特徴は、マルチテナントができるという点だ。1台のIP-PBXを複数のテナント(ユーザー企業)が使うことができる。このマルチテナントの上に、コールセンターの機能も載ってくるので、SaaSなどに向いている。機能的にはかなりテレマーケティング業者が使える機能を網羅している。

 機械音声によるIVRのアウトバウンドができるところも特徴として挙げられる。もともと最初に始めたのが選挙のアンケートシステムだ。この市場では、いまだにBrekekeのエンジンで3~4割が動いている。コアックスでは、ブレケケ・コンタクトセンターのサブスクリプションを代理店に販売している。残念なのは代理店からSaaSとして出る場合は、Brekekeの名前が表に出てこないこと。既に採用しているユーザーは多い。

 そのほかBrekekeの特徴として、完全にビジネスフォンの機能をサポートしているところが面白い。ラインキーやボタン電話の機能をサポートしており、それらをSaaSで提供している。電話機はサクサの電話機に対応している。コールセンターのSaaSを提供していた代理店が、顧客から引っ越しの間だけビジネスフォンを使いたい、といった要望を受け、それに応える形でビジネスフォンの機能をSaaSで提供するサービスを始めたところもある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら