Chris Pruett氏は、日本在住の開発者である。グーグル勤務のかたわら、自主制作ゲーム「ワンダのレプリカ島」をAndroidアプリケーションとして開発した。
 「ワンダのレプリカ島」は110万以上のダウンロード数を記録し、Android上の人気ゲームとなっている。また、ソースコードはApacheライセンスによりオープンソースソフトウエアとして公開されている。
 ゲームの背景設定は複雑だ。主人公は記憶を失ったロボットで、Androidのマスコットキャラクターが使われている。主人公の前に現れるのは、指示を与えてくれるカボチャノミズ博士と、謎めいた少女、ワンダ。冒険と戦いを続けるうちに、過去の記憶がよみがえり、この世界の別の姿が顔を見せはじめる。

写真1●「ワンダのレプリカ島」の開始画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●登場人物、カボチャノミズ博士。主人公のAndroidに指令を与える
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●登場人物、謎の少女ワンダ
[画像のクリックで拡大表示]

 このように複雑なストーリー展開を見せるゲームだが、外見は昔懐かしい横スクロール型ゲーム。迷路のような洞窟をくぐりぬけ、謎の敵や、断片的な情報を探し求める旅が続く。

写真4●複雑な地下通路を、敵キャラクターを倒しつつ抜けていく
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●戦闘シーン
[画像のクリックで拡大表示]
写真6●Androidが地上でワンダに出会う場面
[画像のクリックで拡大表示]

 このゲームを作り上げたChris Pruett氏と、元同僚でもある安生真氏の対談の形で、「ワンダのレプリカ島」ができあがるまでの話を聞いた。

(司会、構成は星 暁雄=ITジャーナリスト)

「Java言語でゲームを作る」ことが最初のチャレンジ

安生:今日は、一人の開発者として、自分が開発したゲームの話を聞かせてくれますか?

Pruett:実は、Java言語でゲームを作るのは今回が初めてでした。それまでJavaで本格的に開発したことがなかったので、Javaでゲームを作るとはどういうことなのか、というところから始めなければならなりませんでした。結局、最後には「これはC++だ」と意識を切り替えたところから、開発がスムーズに進みました(笑)。

 もちろん、Java特有の知っておかなければいけない事はありました。例えばメモリアロケーションを多用するとGC(ガーベジコレクタ)が動いてゲームに影響してしまうとか。

ゲーム専用機の上で開発する場合、ゲームコンソールとソフトウエアの間にはなにもなく、OSなどに触ることは普段はありません。まさに、ハードウエアの上に直接ゲームを作っていく感覚です。それがAndroidでは大きく変わりました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら